スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョコ原型作り(1)

寒いです。
毎日「この冬一番の冷え込みです」という言葉を聞いているような気がします。

いったいどこまで寒くなるんだ・・・


こんな日はコタツに入って、ミニチュアのチョコレートの原型作りに限りますね!

と、言うことでパテをちまちまこねて・・・

ハート

プックリハートの出来上がり。
ちっちゃいハートはトッピング用。
丸いドームも作りました。

ブロッコリーやいちごに比べたらずっと簡単です。


寒さのあまり肩こりがひどいです。
血流が悪くなるのと、着込みすぎのせいです。
ミニチュアもちょっと肩こりが楽になるまで休もうと思います。


体の中から温まりたいので、夕食にかす汁を作りました。
でも、かす汁を飲むのは娘1と私だけ。
オットと娘2には豚汁を・・・まぁ途中まで一緒に作るのでそう手間ではないのですが。

画像ではわかりませんが、大根・人参・玉ねぎ・しいたけ・塩昆布・かつお節・ちくわ・揚げ・豚肉・シャケ・ネギ入りです。

粕汁

具だくさんの汁物とたこ飯(どんぶりで)をがっつりメインで食べるのでおかずはサバを焼いたものだけ。
質素です(笑)

でもかす汁のおかげで体がポカポカしました(私はお酒、いっさい飲めないのです)
スポンサーサイト

旧友

あわわ、大変!


旧友からメールが来ていました。

なのにメールは携帯中心の私は、パソコンのほうのメールチェックを放置していて、気がつきませんでした。
いそいでお返事を。

彼女は高校のときの友人で、ずっと年賀状のやり取りだけ続けていたのですが、私が人形作りをはじめたこと、友人のお母様も人形を作られていることから、メールをもらったのです。
(私が年賀状にアドレスを書いてメールを催促したとも言う・・・)

メールに書かれてあった友人のホームページをお邪魔しましたが、学生のころと変わらず自分の世界を持ち続けていることが感じられて、なつかしくうれしく感じました。
これを機に、もっと交流ができたらいいなぁ。


友人のお母様の作品(人形)もネットで拝見しました。

高校生のころは、友人から「お母さんが人形を作っている」と聞いてもピンときませんでしたが、あどけなさの中に上品な色気のあるすばらしい人形を作られておられる作家さんでした。
私もこんなお人形が作れたらいいのに、とうっとりため息です。
そのためには、もっとちゃんと作品に取り組まないといけませんよね・・・

箱作り(4)

娘1は朝からクラブで学校へ。
盆・正月以外ほぼ毎日クラブです。


オット、娘2と私の三人買い物へ。

オットは先日買った車のプラモデルのための塗料やもろもろ、娘2はまたもやパズル、私はゴールドのインクのペンとブルーミックスが欲しかったので、画材店に行きました。


この前、この画材店に来たときに見切り品大処分コーナーでとあるものを見つけて、ミニチュアに使えないかと買ってみました。
昨日の教室で使えそうだとわかったので、まだ残りがあったら買い足そうと思っていたら、まんまと残っていたので買うことにしました。

1260円のものが100円とか、大処分にもほどがあります。
っていうか、この元値自体が、どうなん?って感じですが・・・
何をどんな風に使うのか・・・は、後日アップします。


大処分品をかごに入れ、うきうき紙売り場のコーナーを見て回っていると、クロコ(粒々模様の紙)が・・・

えええぇーーーっ?!

めっちゃいろんな色があるーっ!

私が欲しかった生成りがかった白色(ナチュラル)もあるし、赤も私が買ったものより暗めのものもあるー!

どうやら、私がこの前買ったA4サイズは色のバリエーションが少なく、B4サイズは色のバリエーションが多いみたいです(謎)

めっちゃテンションあがりました。
B4サイズの生成りと深紅を買うことにしました。


ゴールドのインクのペンですが、ありませんでした・・・
ペイントマーカーならあるのですが、ボールペンはおいてないみたいです。
黒い紙にゴールドのインク、おしゃれだと思うのですがあまり需要がないのかなぁ。



それぞれ買い物をすませて帰宅。


オットは塗装をしに外のテラスへ、娘2はこたつにゴッポリ潜りつつパズルの組み立て。

私はさっそく生成りと深紅で箱を組み立ててみました。
出来は悪いですが、色的には当初のイメージとおりでとっても満足。

生成り箱

以前作った白箱との比較。
生成りのほうは、かなり黄色く写ってますが、実物はもっと白っぽいです。

生成り箱比較

生成り箱内側

内側も暗めの赤を使ったことで、落ち着きました。
脱・折り詰め箱って感じでしょうか。

また後日、丁寧に作り直さなくては。



「ぁぁあああーーーっ!」

「どうしたん?」

「ブルーミックス、買い忘れた・・・」                         チャンチャン♪

クリスマスプレート完成&ミニチュア教室

今日は午後からミニチュア教室の日ですが・・・


朝のうちにクリスマスプレート(デザート皿)を完成させました!!

デザート皿

ロールケーキ・・・生クリームたっぷりですね。巻くのが難しかったです。


以前作ったメインディッシュ。
 
メイン

骨付きラム。付け合せの野菜は、にんじんのグラッセ、かぼちゃ・ブロッコリー・ヤングコーン・三度豆です。

クリスマスプレート

これで心置きなく次の課題(バレンタインチョコ)に取り組めます。



午後からミニチュア教室に行って来ました。

毎回講座を受けるたび、目からうろこがボロボロこぼれ落ちてます。

新しい課題が出たのでまた明日以降に取り組みたいと思います。

入籍記念日

1994年の今日、オットと私は籍を入れました。
結婚式を挙げたのは二ヵ月後の3/27ですが、新婚旅行のパスポートの関係で入籍を早めたのでした。


出会ったときにはまさか結婚するなんて夢にも思いませんでした。

私は自他共に認める男前好きだったので、元彼(男前)を知っている母や友人たちにオットと引き合わせた時には、後で「なんでっ?!(ブサイクやん)」と激しく突っ込まれました。


オットはシャイで無口でおとなしく、不器用で真面目な人。
なのに意外なことに、私に対しては初めて会ったときから好き好きオーラ全開でした。

何の駆け引きもなく好意を寄せられることには戸惑ったし、正直言ってちょっとウザくもありました。

でもオットの真剣な気持ちを知り、付き合っているうちに、結局「しゃあないなぁ。この人にはあたししかおらへんねんから」と、半ばほだされて結婚してしまったのでした。


~恋をして恋愛が始まり、愛が生まれて愛情が深まり、最後に情が残る~

私の場合オットに対しては、恋~愛情までをすっ飛ばし、情から始まったような気がします。
でも私にとっては、それが長続きするためには、よかったんだと思います。

激しい感情に揺さぶられるような関係だったら疲れて嫌になっていたかもしれないし、一気に逆上せ上がるよう気持ちが日常の中で磨り減っていけば、幻滅していたかもしれない(根性なし&飽き性)。


オットは今でも、ありのままの私が好きだからと、勝手気ままな私でも文句ひとつ言いません。
感謝している反面、その愛がめっさウザくて迷惑な時もあります。

娘たちよりも私のほうが大切だし好きだとか。
それは種の保存の本能に逆らっているので、生物として間違っていると思いますが・・・突っ込まずスルーしています。

私の友人Kはそんなオットのことを「家庭内ストーカー(ターゲット・嫁)」と呼んでいます。


でも、なにはともあれ、(たぶん)今後も結婚生活は平和にこのまま続いていくでしょう。


低空飛行で、でも墜落しないことが大事。



オットのリクエストのキーマカレー。

ミンチ・ジャガイモ・にんじん・玉ねぎにブラウンマッシュルームとコーンがは入っています。
隠し味に自家製ローリエ・ニンニク・チョコ入り、とろけるチーズのトッピング。
オット(辛口)と娘たち(甘口)の分を分けて二種類作り、私はその二つを混ぜて食べます。

カレー

オットが仕事帰り、夜遅いのにもかかわらず買ってきてくれたケーキ。
お風呂上りに食べようと思ったら、半分が食い荒らされていました。
娘たちのしわざでした。

ケーキ



いちごサンタとチョコトナカイ

今日の朝食。
一見、フレンチトーストのように見えますが、実は和風ピザトーストです。
飲み物には、ミルクたっぷりお砂糖抜きのカフェオレ。

和風ピザ

作り方は簡単です。
食パンに薄くマヨネーズを塗ってハムをのせ、その上にちりめんじゃこ(細かめのもの)と刻んだネギを散らばせ、とろけるチーズ(ピザ用チーズ)をたっぷりかけてトースターで焼きます。
ウチはじゃこや刻みネギは冷凍して常備してあるので、よく作ります。

ハムとじゃこの塩気がめちゃうま。
女性に必要なカルシウムが取れるのもいいですよね。


さて、朝ごはんをしっかり取った後は、一時間半ほど二度寝・・・最悪です。

再び起きてからは、洗濯をして、浴室乾燥機に放り込みました。
ここしばらく、外はキンキンに底冷えしてて、洗濯物を干しても乾かないのです。



午後からは放置していたクリスマスプレートのデザート皿のパーツを作りました。
季節感まるっきし無視ですが、ちゃんと完成させたいので。


いちごのサンタとチョコレートのトナカイ・・・のつもり、です。

いちごサンタとトナカイ

トナカイ・・・これってトナカイじゃないよね?!
頭だけだとウッドストック(スヌーピーのキャラ)みたいなんだけど。
それに、考えてたより大きくなっちゃったんだけど・・・これ以上小さいのは今の私の技術では無理でした。

いちごも彩色したら、やっぱり粒々の荒さが目立ってしまいました。


いろいろ不満はあるけど、今はこれが限界かなぁ。

やっぱり数をこなしていかないと、すぐに上手くなるものではないし、その時その時のベストを尽くしてがんばろうと思います。

箱作り(3)

先日一応完成させたチョコレートの箱ですが、やっぱり気に入りません。

特に黒バージョンの方の仕上がりが汚くて(私が未熟なせいですが)おまけになんか安っぽい・・・


内側に貼ったクロコダイル(粒々模様の紙)は赤だけでなく、黒と白も買っていたのでそちらを使って作ってみることにしました。
本当は箱の表面にイラストをプリントしたかったので、凹凸のあるこの紙で作る予定はなかったのですが・・・


ライトでとんであまりよくわかりませんが、粒々模様の箱ができました。

クロコ1


白バージョンの仕上がりが若干気に入らないので、時間があれば作り直そうかな。

クロコ2

中に仕切りも入れてみました。
この中に約3mm×3mmのチョコが入る予定です。

クロコ3

チョコレートの箱っぽく見えるでしょうか?
前の箱よりは良くなったと思うのですが。

そこへ娘1登場。 「なんか重箱みたーい」

・・・言ってはならぬことを言ってしまいやがりました。

クロコ4

くそぉ。もう、重箱と折り詰めの箱にしか見えないじゃん・・・シクシク
本当は真っ白でなくアイボリーがかった白がよかったのに、なかったんだもん。<クロコ


今回の試作&失敗作たち。

失敗作

下手は下手なりに、数をこなすとだんだんコツがつかめて、ちょっぴり進歩したのでは、と思いました。

ごほうび

11時過ぎ、友人Kより電話。

「・・・はい」
「もしかして寝てた?」
「・・・うん」
「グダグダやな」
「すんません・・・」
「ま、ええわ。寝てたんやったら暇やろ?今すぐ○○の店まで来て」
「はぁっ?!」
「化粧なんかせんでええしな。どうせ車で来るねんろ?とにかく早くな。Yも待ってるし」
「・・・わかった。顔だけ洗ってから行く」
「まだ顔も洗ってへんのかいな。ダメ人間やな」
「・・・30分で行くから」

確かにダメ人間なんだけれども。
オットと娘たち送り出してから朝寝してたし。

慌ててパジャマから服に着替え、歯磨きをし顔を洗って車に乗り、信号待ちで軽くメイクを済ませて、待ち合わせの店へ。


「おまたせ」

先に店に着いていたKとYと合流しました。

Kは春からのイベント、ご縁まちマルシェで一緒に販売をしていた友人で、Yは私たち二人にその仕事を依頼してきた友人です。

「で、何なん?」
「これ、プレゼント」

ブレス

Yのお店のブレス。

「私ももらってん」
とKの腕にも同じものが。

「お店手伝ってもらったし、ほんの気持ち」
「ええ?それはきちんとお給料もらってたし」
「ええねん、めっちゃがんばってもらって助かったし。ほら私も。三人おそろやで」

おそろって、私たちはJKか?!と心の中でツッコミつつも、ありがたくいただくことにしました。
そういえばJKだけでなくおばちゃんたちもおそろって好きなのよね。

骨のような形の方のブレスが特にお気に入り。
こういった色合いがもともと好きなので。
大切にします。


「これとは別に二月になったらちゃんと慰労会するからね。美味しいもん食べよーな」


それからお昼ごはんを食べながらその慰労会の打ち合わせをして、コーヒーを飲みながら夕方でおしゃべりしてました。
おしゃべりが好きなところもJKとおばちゃんの共通点ですね。


学校帰りの子供たちを途中で拾って、すっごく楽しい気持ちで帰宅すると、家の中は朝散らかして出かけたときのまま・・・ちょっとうなだれてしまいました。
これからちょっと片付けてがんばって夕飯を作ります。


ディープな世界

朝から娘1はクラブで学校へ。


昼前、オットと娘2と私の3人でヨ○バシカメラへ。

おもちゃの階でオットと娘2、私と、二手に別れて私は模型のエリアへ。
次回ミニチュアフードの教室で使うプラ材、3mm角棒を探しに行きました。

模型コーナーはオープンで明るく、店員さんも親切で買い物しやすい感じ。


以前、極細の先のとがった綿棒が欲しくて、ある模型店に行ったときのこと。

そこは地下にあるお店なのですが、エレベーターの扉が開くと、そこには、

棚にぎちぎちに積まれた模型やフィギィアの箱。
専門用語?でぼそぼそと会話する男性たち。

なんかすごくディープな香りがしました。

申し訳ないのですが、そこに足を踏み出す勇気がなく、そのままエレベーターの扉を閉めて地上に逆戻りしました。


模型店というとそのイメージがあったのですが、ヨ○バシカメラの模型エリアは家族連れも多くて、私もおちついてゆっくり見て回ることができました。
おかげで探していた角棒も買えました。

娘2は小さい108ピースのパズルと立体パズル(クリスタルのお城)を、オットは何かミニカーと車のプラモデルを買っていました。


夕方、家に帰ってから買い物疲れで二時間ほど爆睡。
私が寝ている間にオットが夜ご飯を作っておいてくれました。

ありがたやありがたや。

人形教室

今日はてらおなみ先生の人形教室に行ってきました。

私にとっては今年初めての教室です。


てらお先生の教室は定員5名の少人数制で、毎回メンバーは違いますがすごく楽しいです。
ここだけの話ですが、教室に通う目的の4割くらいはおしゃべりしたいからです。

でももちろんまじめに人形も作ってます。
少人数制なので、先生にもじっくり見ていただけます。


てらお先生の人形教室とミニチュアフードの教室には共通点があります。


まず、私が先生方の作品に惚れ込んでいること。

それから作品を自由に作らせてもらえること。


どちらの教室の先生も、作品に対するヒントやアドバイス、作品を作る上でのテクニックを教えておられますが、どんな作品を作るかは自分で考えなければいけません。

どちらの先生もこちらから求めれば、どんどん与えてくれます。

自分で考えて自分から働きかける、だからどちらも活気のある教室です。



人形教室では時にちょっとマニアック?な話題が出たりして楽しいです。

今日は私の作っているブサイクちゃんから、

ブサイクちゃん→
千と千尋の神隠しの坊に似てる?→
坊って湯婆婆の息子なの?→
えっ、じゃあ湯婆婆って何歳のときに坊を生んだの?→
いや、坊はああ見えて実は38歳くらいかもしれない→
えっじゃあ坊って、38歳のヒッキーだったの?!

などを先生も交えてみんなで討論していました。


もう一度書きますが、おしゃべりしながらも手は動かし続けてますし、人形もまじめに作っています。


今日は半目の子が頭部に比べて胴体部分が華奢だったので、先生に相談して、薄皮を一枚くっつけるようにして一回り大きくしました。

半目の子は頬骨をほんの少し盛りました。

ブサイクちゃんはあまりにも平面的な亀顔だったので、おでことほっぺを盛ってみました。



自宅にて
半目の子

まだまだ迷走中の半目の子の顔。盛って削ってを繰り返します。


ブサイクちゃん

やっぱり盛ってもブサイクです。
でもこれはこれでいいかな。
あと少し削ってから磨きます。

箱作り(2)

昨日買ってきた紙でさっそく箱を作ってみます。


イメージは大体できています(頭の中では)

白×赤で、16mm×8mmのサイズです。

紙は上質紙で真っ白でなくアイボリーにしました(脱・折り詰め)

内側の赤はクロコダイル模様、(ワニという感じじゃないけど)気持ち悪げな模様と色が気に入って買いました。


試作2

画像ではわかりにくいですが、昨日の箱と比べても色的にイメージに近い感じ。

何個か作ってみて私なりになんとなく作るコツがつかめました。

試作3

フタつけました。


黒×赤バージョンも。
白×赤と合わせて二つでワンセットになります。
ちゃんと二つでワンセットなのには意味があります。

試作4

試作5

一応フタもきちんと閉まりました。


黒い紙をさわっいてるうちに微妙に手に色移りが・・・けば立ちや糊のはみ出しも目立つので違う紙にしたほうがよいかしらん。

定規とジョージ

画材店に行く途中にある、私の実家に立ち寄りました。


ウチの父は昔、仕事で図面をよく引いていたので、L型定規があればもらおうと思ったのです。

箱作りに使えればいいかな、と。


「ねー、ジョージ(父の呼び名)、L型定規あったら欲しいんやけど。ミニチュア作るのに」

「わかった、ちょっと見てくるわ」

父はいそいそと庭の奥にある倉庫へ。

「これでいいか?」

「アカンわっ!」


父が持ってきたのは、1m程もある木製のT型定規。
スケール的には小学校にある黒板用のコンパスと一緒・・・

「これな、こうやって机に置いて、平行の線引けるんや」

嬉々として説明を始める父。

・・・だからー、そのスケールでどうやって1mm、いや0.1mmのスケールの線を引けと?

父のことはスルーして家を出て、画材店に向かうことにしました。


いろんな紙を物色し、2種類買いました。
明日試作してみるつもりです。




箱作り(1)

チョコのパッケージについて、どんなデザインにするか思案中。


とりあえず100均で買ってきた色画用紙で、授業の復習をかねて一度作ってみました。

試作

外側を白、内側を赤にしたかったのですが、側面の白の折り返しの部分が太すぎて、あまり色を変えた意味がないような・・・
もうちょっと細くできればいいけど、私には技術的に難しいんです。

苦労

苦労のあと。


それにしても100均色画用紙、薄くて比較的扱いやすいのですが、やっぱり色が安っぽい・・・
何か折り詰めの箱みたいで、イメージと違う。


やっぱり他の紙にしよう、というところに結論が出ました。

親鸞聖人750回大遠忌法要・ご縁まちマルシェ終了

親鸞聖人750回大遠忌法要に合わせ、去年の4月から毎月(7、8、12月除く)9~16日の間、開かれていたイベント、「ご縁まちマルシェ」が今日で全期終了しました。


会場となったのは西本願寺門前の、廃校となった植柳小学校。
そこで西本願寺門前のお店や、京都の名物・特産品が集まる物産展が催されていました。

友人からの依頼で、春からずっとブース内で販売のお手伝いを、友人と一緒にしてきました。

暑かったり寒かったり、いろんなお客様がいたり、本当にさまざまなことがありましたが、振り返れば楽しい思い出です。


今回、一緒に働いていた友人が、私の新たなる才能を見つけてくれました。

それは「あだ名をつけるのがうまいこと」、だそうです。

マルシェの会場にはいろんなお店のたくさんの販売員さんがいるわけですが、その方たち一人一人のお名前を知っているわけではありません。
(相手の方に呼びかけるときはお店の名前で呼びかけるので)

一緒に働く友人に、その名前も知らない販売員さんたちのことを伝えようとすると、自分のイメージで呼ぶしかないのです。

「頭がファイヤーなひと(真っ赤な髪のおばちゃん)」「ピン子(泉ピン子似のおばちゃん)」「女豹(アニマルプリントを好んで着ているおばちゃん)」「夜の営業部長(女好きの営業のおっちゃん)」「ウォーターサイド(水際、お水のように派手なおばちゃん)」「苦行僧(険しい顔をしたおっちゃん)」

別に意地悪で言っているのではないので、ひねりもなく見たまんまです。
実際、その人を知っている人には一発で伝わります。

友人はその名づけ方が絶妙だと褒めてくれましたが、私としてはそんなところを褒められても・・・と微妙です。

なにはともあれ、せっかく顔なじみになったこの個性的な販売員さんたちとも、もう会うこともなくなるのかと思うと寂しい感じがします。


二月に入ったら、手伝いを依頼してきた友人がお礼にご馳走をしてくれるそうです。
お手伝いをしてよかったです。

あずき粥

1月15日(小正月)は邪気払いに「あずき粥を食べる」風習があります。

今月のイベントでは期間中(1/9~1/16)、毎日あずき粥が会場で無料でふるまわれています。
私も毎日いただいています。

これで一年無事に過ごせるといいなぁ。


あずき粥

おかゆの中にあずき、上に塩昆布のトッピング。

寒いときに体が温まります。





チャン・ルー風ブレス

日中は仕事なので、夜は溜まりに溜まった洗濯や掃除をしなくちゃ・・・、だけれども

テレビを見ながら手を動かして・・・チャン・ルー風ブレスを作ってみました。


本革のコードに古金の四葉ボタン、ピンクの石はインカローズ、グリーンの石はアベンチュリンとヒスイ。

作り方はチャン・ルーの方法ではなく、我流で簡単に。


途中から娘1が

「私も作りたーい」と、乱入。

・・・ほんまに最後までちゃんと作れるんやろか。

作るのにたいしたテクニックはいりませんが、とにかく根気がいるので。


とりあえず、娘にはウチにあったコードとハートの木のボタン、ガラスビーズを与えて作り方を教えました。


親子二人で黙々と手を動かし続け、無事完成したブレス。

ブレス
ぐるぐる手首に巻きつけます。


いつも何かとモメモメな娘1と私。

でも今回は楽しい時間となりました。

たまには親子で一緒に何か作るのも、なかなかいいもんだなぁとおもいました。

初期不良

先日購入した、ノートパソコン。
やっぱり「E(い)」のキーだけが異常に硬いままです・・・

普通にタッチすると、絶対抜けてしまいます。
意識して強く叩かないとダメです。
良く使うキーだけにタイプミスが多くてイライラします。


購入した店に連絡し症状を話すと、初期不良ということで新品と交換してもらえることに・・・
それは良かったのですが、せっかく引越しさせたデーターをまた移して、消して、初期化して、
返送することに・・・

ふー・・・


現在古いノートパソコンに逆戻りです。

ゆるキャラ

去年の春から友人に頼まれて、とあるイベントでお手伝いをしています。
と、言ってもイベントの企画や設営ではなく、イベント会場のブースの中での販売のお仕事。


そのイベント会場に毎日のように出没するのが

おりんちゃん

おりんちゃん。
「西本願寺門前町」のゆるキャラです。

彼女(彼?)がイベント会場に姿を現すと、会場中におりんちゃんのテーマソングが流れます。

「りーんりーんりりりん、おりりんりんりんおりんちゃん、りんりんりんりんりりりーん♪」

サビの部分が最強にキャッチーです。
一度聞くと、しばらくこのメロディが頭の中をぐるぐる廻って離れてくれません。


おりんちゃんが会場を立ち去ってホッと息つく暇もなく、今度は別のゆるキャラが・・・

mini_P1000362.jpg

プトリと、

mini_P1000363.jpg

プトラ。


この二人は「浄土真宗本願寺派少年連盟」のゆるキャラらしいです。
テーマソングは今のところないみたいです。
でも子供たちには大人気でした。

プトラの後ろ斜め45度は某アニメの幼稚園児そっくりでした(しもぶくれ具合が・・・)。

ブサイクちゃんと半目の子

六十の手習いならぬ四十の手習いということで、約一年半前から球体関節人形教室、去年の秋からミニチュアフード教室に通い始めました。


10日から忙しくなるのでせめて今日くらいはと、年末以来放置していた製作途中の人形を引っ張り出してきました。

去年の春ごろから二体同時進行で取り掛かり始めて、遅々として進まず・・・。

二体同時進行なのは、一体だと途中でイヤになってしまうので(飽きてくるというか)。
それに同じものを見続けていると、目が慣れてしまってどこがおかしいのかわからなくなってしまいやすいし、気分や視点を変えるという点でいいと思います。←先生からの受け売り

ひとつの作品に集中してつくったほうがいいという方もいらっしゃると思いますが、私の場合はこの二体同時進行方式があっていると思います。


この人形は私にとって5番目と6番目の作品になります。

mini_P1000357.jpg

半目の子とブサイクちゃんです。



mini_P1000359.jpg

ブサイクちゃん、ブサカワを狙っていたのですが今のところただのブサイクです。
ブサイクちゃんはイージースリップで増殖させる予定。
アクリルの目玉は仮のものです。
鼻とか口とか、まだ肉付けしてません。
目も左右で形が違うし、まだまだこれからいじっていきます。
今日は頭をちょっと盛りました。



mini_P1000360.jpg

半目の子、お色気たっぷり妖艶な少女、の予定でしたが見事なあほあほヅラに・・・
どう手をつけたものやら、途方にくれ中。
このままそっとしておいて、教室で先生にご相談したほうがよいのかも。
今日は頭をやすっておおまかな形を整えるだけにしました。


頭の中にあるイメージ通りに作れない、というのは技術力不足ですね。
自分のイメージ通りに作れる日が来るまで、ひたすら精進せねば。
ま、ぼちぼち、ゆるーくですけど。

イヤミ

夜、娘1がコタツの上にビニール袋を敷いてなにやらゴソゴソしてました。


「何、作ってるん?」

「クラブで使う小物」

「ふぅーん」

「これ、どう?」

「・・・歯のつき方がおかしいな」

「え、どんなふうに?」

「歯が前に反ってるやん。それやとイヤミみたいやん」

「イヤミって?」

「ほら、おそ松くんのシェーッってするキャラクター」

「知らんし」

「・・・・・・じゃあ、さんまみたいやし」

「わかった。歯、引っ込めたらええねんな」


・・・今の子におそ松くんやイヤミは通じませんでした。


「できた!」


その作品がこれ。

スカル

「・・・なんで歯抜けなん?」

「なんとなく?」


これを小物に使うクラブの出しもの、「生と死」がテーマらしいのに、こんな間抜け面でいいんだろうか・・・
私の戸惑いをよそに、娘1は満足してお風呂に入りにいきました。


それはともかく、娘1が使っていた紙粘土を触ってみて、驚きました。
すっごく滑らかで柔らかい。
紙粘土なんて子供のころの工作以来、何十年ぶりかに触ったのですが昔の紙粘土と、手触り・きめの細かさがまったく違う。
紙粘土も進化してるんだ、と妙にしみじみしてしまいました。

金ぴかと四葉のクローバー

朝からめっさ寒いです。


なのに、娘2の希望で金閣寺に行くことに・・・
前日の朝、テレビのニュースで雪の積もった金閣寺を見て、どうしても行きたくなったらしい。

「でもさぁ、雪降ったの昨日やし、今日はもう解けててあらへんと思うで」

「それでもええし、見に行きたい」

(子供のクセになぜ金閣寺?)

「雪はないけど、外さぶいで」

「ええから、いこー」

根負けして昼ごろしぶしぶ金閣寺へ。


やっぱり雪はなかったけど、金閣寺を見てご満悦の娘2。


金ぴか

金ぴかです。

mini_P1000342.jpg

私は金閣寺の実物を見たのはおそらく初めて。
観光地に生まれ育つと、かえって地元民は観光名所にはなかなか行きませんね。
いつでも行けると思ってしまうので。


帰り道、七条の橋の上で「四つ葉のクローバータクシー」を発見!

四つ葉

本当は「三つ葉のクローバー」がトレードマークのヤサカグループのタクシーの中で、うわさによると三台だけが、この「四つ葉のクローバー」のマークになっているらしい。

去年の祇園祭のころにも、四条河原町を走っているのを見ました。
指名予約はできないそうなので、偶然乗れた人はラッキーだと思います。
乗った人には、搭乗記念に四つ葉のクローバーのカードがもらえるんだとか。

私と娘2は外から見れただけでも満足でした。
寒かったけど、出かけてよかった。

つれづれなるままに

新年早々、ノートパソコンを買い換えました。


ぼちぼちデーターのお引越しをすませ、何とか使える状態に。
でも以前のパソコンとキー配列が違う、OSが違う(XP→7)こともあり使いづらい・・・
おまけに「E(い)」のキーだけ異常に固い・・・おかげでよく使うキーなのにタイプミスをよくしてしまう。
使っているうちに軟らかくなるといいけど。
以前「Enter」のキーのあった場所に「+」のキーがあるので、しょっちゅう「+」を押してしまうのも、イライラしてしまいます。

ふー・・・


とりあえず、早くこのパソコンに慣れるため&年々激しくなる物忘れ対策(覚え書き的)のために、しばらくブログを書いてみようと思います。
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
12 02
プロフィール

MIOKA

Author:MIOKA
いらっしゃいませ。

人形とテディベアとミニチュアが好きで、とうとう自分でも作り始めた初心者です。
ゆるーくだらだらな日常と、覚え書き的制作日記です。

『MIOKA』または『ANGELica』名で作品を発表しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。