スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打ち上げ

ゴールデンウィークに突入しました。

今日、私は単独でお出かけ。
先日の娘1のクラブの公演&謝恩会の役員の打ち上げで、祇園でランチです。

南座の前で役員の皆さんと待ち合わせ。
天気も良く観光客もたくさんななか、無事皆さんと合流し八名でお店へ。

南座から歩いてすぐの「キャレ ド ミュー」というフレンチのお店です。


外装は京町家、といった感じ。(お店の方に撮影の許可を得てます)
mini_P1000859.jpg

でも一歩足を踏み入れると、内装は外から想像できない感じ。
見切れていますが左手にはワインセラーがあります。
mini_P1000857.jpg

私たちが通されたのは、一番奥の個室でした。
途中ガラスばりの廊下を通ったのですが、ガラスの向こうは厨房になっていてシェフの方とばっちり目が合いました(笑)
mini_P1000838.jpg

まずは飲み物、本来ならグラスワインですが私はアルコールが飲めないので、ブラッドオレンジジュースです。
mini_P1000840.jpg

オードブルは、サーモンとアスパラのマリネ、いわしの一口コロッケ、フォアグラのせトースト。
mini_P1000841_20120507224101.jpg

パンは、オリーブオイルにオリーブの実をペースト状にして混ぜたものをつけて。
mini_P1000842_20120507224052.jpg

サラダは、黒ニンニク・バジル・白ニンジンの三種のソースでいただきます。
何か見たこともないような葉っぱが入っていました(笑)
mini_P1000843_20120507224059.jpg

スープはグラスで出てきました。上は温かい豆のスープ、下は冷たいヴィシソワーズと二層になっています。
mini_P1000844_20120507224058.jpg

パスタはフェットチーネでホタルイカとたけのこのジェノベーゼ。
mini_P1000846_20120507224057.jpg

メインはお魚かお肉かを選べたのですが、私はお肉を・・・牛タンのステーキです。
柔らかくてホロホロしていました。
mini_P1000847_20120507224056.jpg

締めは、カレーライス・リゾット・お茶漬けの中から選べて、私はお茶漬けを・・・かき揚げが入っています。
mini_P1000848.jpg

お口直しのジェラートと桜のゼリー。
mini_P1000850.jpg

デザートはお好きなものをお選びください、とのことだったのですが、全種類少しずついただくことに・・・幸せです。
バニラアイス・抹茶エクレア・クリームチーズケーキ・アーモンドケーキ・マカロン・シフォンケーキ・杏仁豆腐
mini_P1000853.jpg

コーヒーはたっぷりと。私はエスプレッソが苦手なのでうれしいです。
mini_P1000854.jpg

なぜか追加でミニロールケーキがきました。
mini_P1000855.jpg


めっちゃ食べた~。
美味しかった~。
食べながらも、クラブの話などをしました。
学年ごとにいろいろ抱えているものが違うので、交流が出来てよかったです。
またこういう機会を持とうね、ということで話がまとまりました。

食事のあとは、みんな揃ってぶらぶら歩きながら四条の駅まで戻って解散しました。

娘1はクラブ、オットと娘2はお留守番だったわけですが・・・

「ええなぁー、美味しいもん食べれて」

オットと娘2はお昼ご飯はマクド(ナルド)で済ませたらしいです。

すごい格差です(笑)

でも、そういうこともあるよね~。


スポンサーサイト

ミニチュアフード教室・四月/二回目

今日は土台を元にクリームを塗ってシュガーケーキの台を作ります。


シュガークリームに使うのは、モデリングペースト。

私は初めて使う素材なので、ちょっとドキドキ。


まずはプロジェクターで先生のお手本を見ます。
今回はちゃんとプロジェクターが見れたのですんなり手順が頭に入りました。

クリームの色はそれぞれデザインによって好きな色を作ります。

先生はアンティークなペパーミントグリーンのような色を作られていました。
私はコーヒークリームをイメージした色にする予定。

色は紙の土台にも近い、イメージ通りのコーヒークリームが良い感じに作れました(自己満足)


いつもは私は教室で作業をしないのですが、今回はモデリングペーストを早く使ってみたくて作業しました。

モデリングペーストは思っていたより硬化が早い感じ。
ちまちま塗っていたら、どんどん乾いていくような・・・大胆に一気に塗ったほうが良かったみたい。
土台4つ分に塗ろうとしたら、クリームがぎりぎり足りなくなりそうで、ちまちま塗っていたら凸凹に・・・(泣)

mini_P1000867.jpg

サンドペーパーをかけるからいいかぁ・・・と楽観していたのですが、家でヤスリ掛けすると・・・か、硬いっ!
ここまで凹凸があると平らにするのも大変そう・・・
さっさと諦めました(早っ)

作り直します。


あと気づいた点としてはクリームを塗った後、土台の大きさの比率が変わらないように注意すること。
クリームを塗った後のサイズを、あらかじめ決めておいたほうが良いなぁと思いました。

ぐだぐだ・・・整理したい

以前から気になっているのが、自分の部屋と天井収納の片付け・・・


寒い時期は暖かくなってから、暖かくなってからは春休みが終わってから・・・と、ダラダラと先延ばしにしてきました。

今日も朝寝の二度寝から目が覚めて、このままではアカン!と一念発起して自分の部屋を片付けることに・・・


部屋といっても四畳半くらいにクローゼットがついた狭いものなのに、なぜこんなに物が多い?!

部屋の約半分が三段積みのダンボールに覆われてしまいました・・・

中身はほぼ実用性のないものです(哀愁)

途中でイヤになってやめました。

まだ三分の一くらい手付かずのまま、部屋の隅に積み上げています。


・・・ゴールデンウィークが終わったら・・・また片付けます・・・たぶん・・・

部屋を片付けるより先に、自分自身を整理したほうがいいかもしんない・・・orz

ご帰宅

スワちゃん、ご帰宅しました・・・やはり旅立ったのではなく、無断外泊だったもよう。


チャラ男ですか、夜遊びですか? ← 鳥目だから夜遊びは無理

そんな子に育ては覚えはありませんよ?!(育ててないけど)


まぁ、無事だったからいいけど・・・

衝撃の事実 part2

昨日の夜、今夜と、彼が家に帰ってきません・・・無断外泊です。

裏切られた・・・そんな気持ちでいっぱいです。

家を大切に思ってくれている・・・そう思っていたのは私の勘違いだったのでしょうか・・・



娘1  「彼女の家に泊まってるんちゃうん?」

娘2  「ナンパしに行ってオールで遊んでるんかも」

私  「・・・ふしだらな・・・そんなこと許せへん! 男ってせやしアカンねんっ」

オット「俺は、みーちゃんだけやし!」







スワちゃん・・・もう旅立ったとかじゃないよね?!

無事でいるのか家族みんなで心配しています・・・









弘法さん

今日は21日、『弘法さんの日』です。

mini_P1000797.jpg

『弘法さんの日』とは京都の東寺で毎月21日に行われる、縁日のことです。
東寺の境内や参道沿いに、たくさんの露店が並びます。

天気はどんより曇り空でしたが、オット・娘2と三人で久しぶりに、『弘法さん』に行ってきました。
気候も良いせいか、たくさんの人でにぎわっていました。



売られているものはさまざまです。

mini_P1000810.jpg

着物の露店はあちこちたくさんあります。こういうところが京都っぽいかな。

mini_P1000821.jpg

路上のブルーシートに無造作に積み上げられた着物たち・・・なんとなく「だ、大丈夫?!」と声をかけたくなります。
こういう中に文字通り『掘り出し物』が埋まっているのかも・・・

mini_P1000816.jpg

服のサンプル品やB級品などもあちこちで見かけます。シマ○ラ並みのお値段です。

mini_P1000824.jpg

地元でとれた作物も売られています。

mini_P1000822.jpg

有名な七味やさん・・・側を通っただけでツンと香りがします。

mini_P1000805.jpg

手作り品もさまざま。実用品から趣味のものまで幅広いです。
このお店は手作りの籠や箒を売っていました。

mini_P1000819.jpg

手書きの表札やさん。文字だけでなくイラストつきです。
表札だけでなく、掛け軸のように絵と一文が書かれたものも・・・どれもユーモラスで味があります。

mini_P1000825.jpg

いろんな意味で鳥肌ものだったものが・・・、これ↓

mini_P1000806.jpg

木や竹で作られた虫・・・リ、リアルすぎ・・・こ、恐い・・・
虫が大の苦手の娘2と私は、じっくり見たいけど見れないというジレンマに・・・(泣)

作っておられたのはおじいさんで、こういう方は古き良き職人さんだなぁと言う感じがします。
外国人の観光客も熱心に作品を見ていました。

mini_P1000807.jpg

古道具や仏像もあちこちで見かけました。
古道具は昔、祖父母の家で見かけたような懐かしいものから、ガラクタ、のように見えるものまであります。

mini_P1000809.jpg

なんだかよくわからない、謎のオブジェ?のようなものもあります。

mini_P1000820.jpg

玉石混淆、本当にわけのわからないカオスな世界にみえますが、ここに出店されているのはみんなプロの古物商の方々。
きっとガラクタのように見えるものにも、何かしらの価値があるんしょうね。


他にも本当にいろいろな種類のお店がたくさん出ています。
ゆっくりじっくり見てまわるとあっという間に時間が経ってしまいます。
二時半ころには後片付けをはじめるお店もあって、食べ物関係はお安くなったりおまけがついたりするのでお得です。


帰りに車の中から見かけた、オープン間もない京都の水族館。
おちついたころ、観光のオフシーズンにでも行こうと思っています。

mini_P1000827.jpg



今日、弘法さんで買ったもの ↓

ポン菓子・干し芋・カルメ焼き・ベビーカステラ

mini_P1000828_20120427235030.jpg

見事に食べ物ばかりです。
クラブから帰ってきた娘1がさっそくガツガツ食べていました・・・

マダムス・ランチ

以前住んでいたご近所の奥様たちと定例の「マダムス・ランチ」です。


今回は某ホテルのランチビュッフェ、7名で集合です。
おしゃべりに食べるのに、とっても忙しいです。

新学期になってお互いの子供たちにもいろいろ変化があったので、近況報告などをしました。

お料理はマダムスではお皿に山盛りが基本です。
何度も取りに行くと会話が中断されるし、なにより邪魔くさいからです。

一巡目
mini_P1000789.jpg

お代わりの二巡目
mini_P1000790.jpg

途中、メインの和風なハンバーグが来ましたが、写真を撮り忘れててこんな状態に・・・
mini_P1000791.jpg

写真では見切れていますが、このほかに野菜スープ、パン1個も食べています。

もちろん最後はデザートで締め。

mini_P1000794.jpg

mini_P1000795.jpg

十一時半から始まって二時までずっとおしゃべりと食べるのノンストップ・・・激しかった(笑)

私が食べたのはこれだけですが、他のマダムスメンバーはスイーツの後、さらにお惣菜のほうにリターンするものも・・・
以前なら私もそのパターンだったんですけどねぇ・・・年をとってくるとだんだん食が細くなってくるんですね(これだけ食べておいて何を言う)


いつも通り、またの再会を誓って解散となりました。

衝撃の事実

衝撃の事実が発覚しました!


ついにスワちゃんに彼女が?!


それは昨日のことです。

昼間やけに鳥の鳴き声がするので外に出てみたら・・・
ウチのそばの電線にツバメが二羽、寄り添うようにとまって鳴いているではないですか?!

スワちゃんにもとうとう春が・・・本当の春がやってきたのね(感涙)
よかった・・・本当によかった・・・あとは彼女がベィビィが生んでくれたらいいなっ!!
あ、ベィビィたちの成長の記録は私に任せてね。
驚かせないようにフラッシュなしでこっそり盗撮させていただくからね。



・・・・・・と、ウキウキしたのもつかの間・・・


夜、巣を見上げるとそこにはスワちゃんがポツンと一羽うずくまっているだけです。

え・・・スワちゃん、彼女は?

娘1「また逃げられたんかぁ」

私 「やっぱり甲斐性ないねんな」

がっかりする私たち・・・


ところがっ、今日の昼間もやっぱり鳥の鳴き声がしたので、外に出て見ると二羽のツパメが電線に・・・


はぁっ?!

どういうこと?!

そして夜にはやっぱり巣に一人ぼっちのスワちゃんが・・・

娘1「二股かけられてんのとちゃうん?!」

娘2「スワちゃんかわいそう」

私 「そんな女、お母さんは許しませんよっ」


実のところ、もしかしたらスワちゃんのほうがメスかも知れないのですが・・・



しばらく経過を見守りたいと思います。











土台作り(1)

手が荒れています。
なぜかいつも荒れる手が決まっていて、右手の人差し指、第二関節から先。

一見アトピーのような感じで、皮がめくれて皮膚が薄くなり、赤みをおびて痛かゆいです。
関節部分がヒビ割れて痛いです。

幸い指の先端部分は無事なので細かい作業も出来ますが、粘土はしばらく触らないほうが良さそうです。
人形作りは少しお休みします。


ということでウエディングケーキの土台作りをします。
作業自体はそう複雑なものではありません(聞いててわからなかったくせにえらそうな)

それよりも重ねたときの台の大きさのバランスが難しそうです。
とりあえずケーキの台の大きさ、バランスを見るためにいろいろ試してみることにします。

mini_P1000783.jpg

使えそうな大きさのものを選んで、微調節してから蓋をつけました。

mini_P1000785.jpg

重ねるとこんな感じ。

mini_P1000787.jpg

私はコーヒー色?のケーキを作るつもりなので土台は白でなくこんな色で作りました。
材料はA4の茶封筒を切ったもの。

mini_P1000788.jpg

なんとなく土台になっているでしょうか?
一番上の台だけもう少し小さいほうがいいかなぁ。

ちょっと思案中です。

公演謝恩会

今日は四月三日に行われた娘1のクラブの記念公演の謝恩会です。


会場は某ホテルでランチタイムにあわせて。
私は役員なので当日受付の仕事があるので、早めに会場入りすることになっています。
娘1は、学年ごとでする余興がまだ仕上がっていないらしく、朝から学校へ行きました。
練習をしてから同学年のメンバー5人と一緒にホテルに来るそうです。

役員で軽く打ち合わせした後、それぞれ持ち場で待機。
開場時間になり、参加者が続々と集まり、受付開始。
娘1たちは開始ギリギリにやって来て、私はハラハラしました。


いよいよ謝恩会が始まりました。

ビュッフェスタイルでローストビーフのカッティングサーブ付き。
乾杯がすむと子供たちはさっそくお料理を取りに勢いよく席を立ちます。

私たち役員は一つのテーブルに集まっていたのですが、「お料理足りるかしら」と少し心配に・・・でもその心配は不要でした。
「今日はあまり食べられないだろうな」と覚悟していた役員たちも、たっぷりいただくことが出来ました。

特にデザートはホテル側のご好意もあり、たくさん用意していただいたおかげで大人も子供も大満足でした。
チョコレートファウンテンもあって、子供たちは大喜び。
チョコファウンテンって、特別おいしいとかいうわけじゃないけど、あるとなぜかテンションが上がりますよね。

mini_P1000753.jpg

一通りデザートまでいただいたころ、いよいよ生徒たちによる学年ごとの余興の出しものが始まりました。
学年ごとにそれぞれカラーが出ていて、娘1たちの学年は完全に「お笑い」方面・・・
先生方や保護者たちは大いに楽しませていただきました。

その後、先生・コーチの方々から暖かい労いと激励の言葉もいただき、子供たちも感激している様子でした。
感謝をこめて先生・コーチの方々へ花束贈呈をしました。
そして最後にサプライズで先生方・コーチ・先輩方へ色紙のプレゼント。
先輩方もまったく予想外のことだったらしく、中には喜びのあまり涙する人も・・・


謝恩会が感動のうちに終わった後も、娘1たちは街に繰り出すらしく(プリクラを撮りに)、私は一人で帰宅しました。
無事に終わったことにホッとし、とてもあたたかい良い謝恩会だったとほっこりしました。

ミニチュアフード教室・四月/一回目

ミニチュアフード教室が今日から新しい期を迎えます。
これから同期は、私を含め四人に・・・さびしいです。
また半年後にKさんとOさんがカムバックしてくれることを祈っています。


今まで私たちは真ん中のテーブルの前列に座っていたのですが、今日から入ってくる新人さんたちのために前列は空けて後列に座っていたところ、教室に入ってこられた先生に「ベテランさんたちは、新しく入られた方たちのために真ん中のテーブルを空けてください」と言われました。

べ、ベテランって・・・私たち、キャリア半年なんですが・・・(涙目)


今期、新しい方たちがたくさん入ってこられて真ん中のテーブルは一杯に。
私たちは端のテーブルの一番後ろの席にすわりました。

せ、先生が遠い・・・おまけに涙でかすんで何も見えません・・・← 嘘
これは獅子が我が子を千尋の谷に突き落とす的なスパルタ式愛の教育的指導でしょうか・・・
『自ら谷底から這い上がって来い』という・・・試練の半年になりそうです・・・



何はともあれ、今日からウエディングケーキの制作にとりかかります。
ウエディングケーキの中でもシュガーケーキを作ります。


宿題はケーキの資料集めでした。

同期のメンバーでお互いの資料を見せあいっこしましたが、それぞれの好みが出ていて面白かったです。
私の場合はちょっと変わった感じ、ウエディングっぽくないウエディングケーキ。
白に黒のアイシングとか、黒にピンクのアイシングとか・・・
他の方はフルーツがたくさん使われているものとか、パステルカラーのものとかを集めておられました。

まずは土台作りなのですが、今日はプロジェクターなしの授業だったので、先生が作業されているところが見えず、説明を聞くだけの状態に・・・

わ、わかんないよぅ・・・(涙目)
百聞は一見にしかず、と言うことわざを実感しました(哀愁)

それでなくても「一を聞いて十を知るどころ」か、「一から十まで」説明してもらってもなかなか理解が追いつかないお年頃・・・完全に脳が老化しているんですもん。

隣に座っておられた、まだ若いけれど本当にベテランの生徒さんに「これってあってますか?」「これでだいじょうぶですか?」「これってこういうことですよね?」と同期のメンバーと質問攻めに・・・親切にお答えしていただきましたが、大変ご迷惑をおかけしました。すみませんでした(ペコリ)

最終的に同期のSさんが先生のところまで遠征に行って確認してこられ、謎はすべて解けました。
これからも同期で助け合ってがんばりましょうね。

土台づくりは宿題になりました。



夜、娘1が明日の公演謝恩会で先生・コーチ・先輩方に記念の色紙を贈るための作業に奮闘中。

mini_P1000743.jpg

メッセージは部員のみんなから書いてもらったものですが、色画用紙をハート型に切って名前を書いたり、ラインストーンを貼ってデコったり・・・一人で20枚以上の作業を。
大変ですが、何とか明日までに間に合いそうです。

粉もん

二~三日前からお好み焼きが、食べたくて食べたくて・・・根っからの関西人です。


我が家のお好み焼き、製作中。


粉はだし汁で溶き、卵と山芋のすりおろしを加えて、エビ・イカ・豚肉・ネギ・キャベツ・天カスと混ぜ合わせます。

ホットプレートにぶ厚めに生地を落とし、その上にお餅を乗せ、焼きそばの麺を空いたスペースに広げ、いったん蓋をして蒸し焼きに。

蒸し焼きにすることで豚肉に熱が通り、お餅も柔らかくなります。

焦げ目が軽くついたら、麺を生地の上に乗せて(右下)、溶き卵を引いた上に反します。
ここは娘1(卵を引く係)と私(生地をひっくり返す係)のチームプレーが重要です。
生地を持ち上げるので、卵を引く係には手早さが求められます。
オット(卵を引く係)と私(生地をひっくり返す係)だとたいてい失敗します。
息があっていないせいでしょうか・・・(単にオットがどんくさい)

mini_P1000736.jpg

卵が麺と生地をくっつけてくれて、焼き上がり。

mini_P1000737.jpg

お好み焼きというかモダン焼きかな?

粉は少なめ、山芋たっぷりの生地なので、仕上がりは「ふわトロ」
でもキャベツの芯を荒めに刻んだものも混ぜてあるので、シャクシャクした歯ごたえや、お餅のもっちり感もあります。
友達のあいだでも「そこらのお好み焼き屋より断然美味しい」と大絶賛されたものです(照)

生地にかつお出汁の味がしっかりついているのでソースは少なめに。

mini_P1000738.jpg

娘1がマヨネーズで、微妙な表情のスマイリーにしていました。

「かつお節もかけや~」

「はーい」

娘1はかつお節を髪の毛に見えるように乗せました。

「薄毛やな」

「薄毛って言うなー」←薄毛という言葉に過敏なお年頃のオット


なんだかんだ言いながらも、念願のお好み焼きを食べれて気が済みました。

スワちゃん

スワちゃんがやってきました。

mini_P1000727.jpg

ツバメ(swallow)のスワちゃん。

玄関の軒下に巣を作っています。
巣の中にいるのは夕方以降で、明るいうちはあちこち飛び回っているようです。
帰ってきたところを真下から、驚かさないようフラッシュなしで撮影。

4~5年前から毎年この時期になると我が家にやってきます。

はじめの2年ほどは嫁と二羽でやって来ていたのですが、ここ2、3年はスワちゃん一羽だけで来ています。


娘1  「嫁に逃げられたんちゃうん?」

娘2  「スワちゃん、めっちゃ性格悪いんやろか?」

私  「きっと甲斐性がないねん」

オット「ボロカス言うたんなー」← 夫という立場から、スワちゃんの立場に感情移入するオット


なんだかんだ言いつつ、スワちゃんを愛している私たち。

mini_P1000728.jpg

玄関は当然フンだらけになりますが、ノープロブレムです。
臭いがするわけでもなし、流せばいいだけだし。
かわいいスワちゃんが見れるなら、山盛りしてもらってもかまいません。

スワちゃんも嫁に逃げられて?からも我が家に来てくれるのは、きっとウチを気に入ってくれているからよね。
もしかしたら嫁との思い出が詰まった、つらい場所かもしれないのに・・・


スワちゃんに早く新しい彼女ができるといいな。
スワちゃんに本当の春がやってくるのはいつのことでしょうか・・・?

やっぱり・・・

オットが心配していた通り、風邪を移されていました・・・

朝から体がだるくて、咳と鼻水が・・・


以前オットがインフルエンザにかかったときも、同じ部屋で寝ていても移らなかったのに・・・

やっぱり歳で抵抗力が弱まったせいなのでしょうか・・・

今日はこれ幸いと一日中寝ていることにしました ←いつも通りとのうわさが・・・

ボディライン

春休みが終わって、今日から子供たちは学校へ・・・宿題も何とか間にあったようです。
始業式とはいえ、その後普通に6時間授業があります。
やっとこれで通常の生活サイクルに戻れるかと思うと清々します。


週末からオットが風邪で熱を出し、昨日は一日寝込んでいたのですが、今日は仕事に行きました。
昼休み、電話がかかってきました。

「みーちゃん(私のこと)、体大丈夫?」
 
「は?なに? 普通に大丈夫やし」

「明け方、きっつい咳してたし、風邪移してしもたかな、思って」

「咳なんかしてへんし」

「いや、めっちゃ咳き込んでたで」

・・・自分の咳にも目が覚めない女・・・どんだけ眠りが深いねん、っていう感じです。


ひさびさの孤独を楽しみつつ、半目の子のボディをいじることにしました。
顔ばっかりいじっていて、他のパーツがほったらかしになっていたので・・・

こんな感じで箱にごちゃっとつめこんであります。

mini_P1000739_20120414083931.jpg

この子は胴体部分に球が入っていてが、三分割されています。
球でつなぐ上半身と下半身のバランスとラインがなかなか上手くまとまりません。

横からチェック。

mini_P1000733.jpg


あとほんの少し下半身に肉付けしようかな。

制作者本人は、かなり肉付きを落としたいのですが・・・落とさないといけないのですが・・・落とせません。
世の中上手くいかないものです。

人形教室

今日はひさびさに人形教室に行ってきました。
三月は教室のある日に何かと用事が入ってしまい、行けなかったのでした。


イージースリップで増殖予定のぶさいくちゃん、今の造形で型取りが出来るかどうかを先生にチェックしていただきました。
型を抜くために耳や手の指の付き方を微調整しました。
オッケーをいただいたので後は作りこみだけ。
原型作りはあと少しです。・・・でもそのあと少しがなかなか取り組めません。
いつもあと少しで完成、というところになるとなぜか手が止まってしまうのです。


で、現在絶賛迷走中の半目の子を先生に見ていただくことに・・・
予定よりどんどん老けていく悩み(人形が、です)をご相談。


【幼くするためには】

・目と眉のあいだを広げる
・目の堀を浅くする
・目と目の間隔を広くする
・鼻筋を短くする
・ほほの斜め下あたりに肉付きをつける
・あごを短く丸くする

今さら目の位置はいじれないので、それ以外で調整しました。
教室では頬に肉をつけ過ぎてかなり下膨れのパンパン顔に・・・某アンパ○マンのようです・・・

ウチに帰ってからあんまりなのでさらにいじりました。

before
mini_P1000720_20120414075210.jpg

after
mini_P1000731.jpg

mini_P1000729.jpg

ちょっと若返りました。
うらやましい・・・


娘1「なんかしょっちゅう顔が変わってるよね」

まだまだ絶賛迷走中です・・・もう完成する気がしません・・・

半目の子

ちょこちょこいじっていた半目の子の顔、なんとなく輪郭が定まりつつあります。

なんか、写真に撮ると実物以上に間抜けな顔に・・・もう、どうすればこの子を妖艶な少女(当初の狙い)にしてあげられるのか、わかりません・・・
迷走して完全に立ち位置を見失った気分です。

mini_P1000720.jpg

あまりわかりませんが、左半分(顔右側)を試しにさっと軽く磨いてみました。

mini_P1000722.jpg

目はこれから作りこみます。

mini_P1000724.jpg

頭の形が変ですが、カツラをかぶせるのでそれに合うよう形と大きさを整えるつもりです。

mini_P1000723.jpg

いろんな角度から見てみて、左右のゆがみなどを確認しています。


てらおなみ人形教室の教室展が11月にあると聞いています。
11月、というとまだまだ先のように思えますが、今のように月一のペースで通うともう今月を入れて8回程度しかありません。

ぶちゃいくな子も原型作りはあと少しというところで放置したままだし・・・
でも原型作った後、型を取って増殖させる作業があるし、完成までにまだまだ時間がかかりそうです。


教室展に間に合うんだろうか・・・直前に泣きながら作業する羽目に陥らないよう、がんばります・・・

公演終了

以前からずっと準備していた、娘1のクラブの記念公演が今日ありました。


公演当日、日本列島の広い範囲で台風並みの大嵐が・・・

私は会場のお手伝いのために少し早めに家を出たのですが、ちょうどそのころが嵐のピークのようだったようで、玄関から車に乗り込むまでに足元がびしょ濡れになりました。

でも娘たちの思いが通じたのか、お客様たちが会場にいらっしゃる時間には小雨に・・・
おかげさまで無事時間通り開演することができ、ホッとしました。


舞台は本当にすごくすごくよかったです!!

私はゲネプロで一通り見ていたのですが、やっぱり緊張感のある本番とはまったく違います。
舞台の上の子供たちは、ひとりひとりがみんな輝いていました。

そんな輝くみんながひとつになって力を合わせて、見ている私たちに圧倒的な力で迫ってきて・・・感動しました。
親バカ、だけではないと思います。
ほぼ満席の、見に来て下さったたくさんの方々からもお褒めの言葉をいただいたようです。


いつもなにかと娘1を怒ってばかりの私ですが、自分自身を振り返ってみて、これほど何かに熱中し、努力し、極めたものがあるのかといえば、まったく何もありません。
その点では娘1には頭の下がる思いです。
娘1、ほんとうにお疲れ様っ!!


娘たちも私たち親も、本当に一生の宝物になる経験をさせていただいたと思います。
この公演のためにご指導・ご尽力いただいた先生方に心より感謝いたします。


公演終了後、記念のTシャツを着て、お客様をお見送りする娘1。

mini_P1000706.jpg


春休みもあとわずかになりました。
公演に燃え尽きた娘1・・・果たして宿題は終わっているのでしょうか・・・

土筆

つくしを見つけました。

春ですね。

mini_P1000703.jpg

って、ほのぼのしている場合じゃないです。
だってつくしを見つけたのは、どこかの野山などではなく、『ウチの庭』なんだもん・・・(困)

mini_P1000704.jpg

もう生え放題です・・・

おかしい・・つくしって、野山に生えるものじゃないんですか?
なぜこんな住宅街の真ん中、我が家の庭を選んで生えるんですか?
いちおうイングリッシュガーデンを目指していたウチの庭の立場はどうなるんですか?!
おまけに奥でミニバラが枯れてるんですけど(号泣)


もう、弱肉強食、栄枯盛衰、なんでもありの我が家の庭です・・・

マキノ

オット、娘2と私の三人で、オットの両親が住む滋賀県マキノ市に行ってきました。
娘1は例によってクラブで学校です。


オットの両親は、舅が定年後、滋賀のマキノにセカンドハウスを建てて京都と行き来していたのですが、何年か前に京都の家を引きはらってマキノに移住しました。
舅念願の畑仕事をするためです。

場所は琵琶湖まで車で10分、マキノのスキー場まで車で10分、林を切り開いた所です。


一年に何度か遊びに行くのですが、遊びに行く度、どんどん土地を買い足し、畑にしていっています。
主に野菜を作っているのですが、もはや家庭農園とは言いがたいような規模になっていっています・・・

もちろん舅姑で食べきれる量の野菜ではないので、ウチもたくさんおすそ分けをいただくわけですが・・・

娘1がきゅうりが好きだと聞けば、ダンボール一箱にギッシリのきゅうり、なんてことも・・・
すごくありがたいのですが、こんな量のきゅうりを使い切るきゅうり料理(?)のレパートリーないし・・・(困惑)
結局ご近所におすそ分けしたのですが。


私たち以上に舅の野菜をご馳走になっているかもしれないのが、付近に住む野生のサルです。
集団で現れて畑を荒らすので、日々『舅姑vsサル』の仁義なき戦いが繰り広げられいてる模様・・・
おまけに野生のシカなども加わり、抗争は激化しているようです。


カメラを持っていくのを忘れたので写真はないのですが、まわりの山の頂上付近にはまだ雪が残っていました。

すごく寒くて、舅がリビングの暖炉にマキをガンガンくべてました。
一緒にお芋を入れるとすぐに焼き芋が出来上がります。


これからは、舅も姑も野菜の植え付けなどで忙しくなるそう。
まだまだ寒いマキノですが、確実に春は近づいているのですね。

これからも体に気をつけて、野生の動物たちとの抗争に勝って欲しいと心より願っています。
(エイプリルフールのウソじゃないよ)
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
03 05
プロフィール

MIOKA

Author:MIOKA
いらっしゃいませ。

人形とテディベアとミニチュアが好きで、とうとう自分でも作り始めた初心者です。
ゆるーくだらだらな日常と、覚え書き的制作日記です。

『MIOKA』または『ANGELica』名で作品を発表しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。