スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディナー@京都国際ホテル

去年から今年の初めにかけてイベントで販売のお手伝いをした御礼に、友人がディナーにご招待してくれました。


京都国際ホテルにフランス人シェフを招いて開催される「フランス料理フェア」。

フランス人シェフは「ダニエル・パケ」という人で、元「マキシム」の「パリ本店」・「銀座マキシム」のシェフを務め、現「椿山荘」の「カメリア」で料理長を務める人だそうです。


会場はホテル内のレストラン「アゼリア」。

18時半から受付で、予約だけで定員の60名が満席でした。


私たちの席は友人のご主人がリザーブしてくれたおかげで、窓際の特等席でした。
中庭?に作られた日本庭園が見えます。

mini_P1000949.jpg

mini_P1000950.jpg


はじめにフランス人シェフ、ダニエル・パケ氏によるフランス語でのご挨拶。
ちなみに私は学生時代の五年間、フランス語を学んだのですが、一言も理解できませんでした・・・(哀愁)

その後、藤田観光総料理長、村田眞吾氏による今夜のお料理についてのレクチャーを受けました。
それがけっこう長くて・・・友人と私は腹ペコで、お預けをくらった犬のような気分で聞いていました。

mini_P1000952.jpg


ようやく待ちに待ったディナーの開始。

まず食前酒としてシャンパンが出てきました。
私はお酒が飲めないので口をつけただけで飲みませんでしたが・・・

mini_P1000951.jpg


【初夏の宵 宴の前に】
サーモンです。

mini_P1000953.jpg

【仔鴨と鵞鳥のフォアグラテリーヌ ピスタチオ風味 フルーツコンフィーとジュレソース】
パンにテリーヌを乗せて、イチジクのコンフィーとコンソメのジュレと二種類のソースで食べます。
友人はコンフィー、私はジュレと好みが分かれました。

mini_P1000954.jpg

【夏野菜のパレード フユーテ添え 爽やかなメンソールのブールソース】
何か良くわかりませんが←(話聞いてないから)、パイ生地を下のソースで食べると美味しかったです。

mini_P1000956.jpg

【ドーバー海峡からアトランティックオマールのナージュ ポワローとキャロットを添えて】
オマール、半身入ってましたね。なんかエビとカニの中間のような味。美味しかったけど。

mini_P1000958.jpg

【シャンパンのグラニデ】
アルコール分を飛ばさず作ったシャンパンのシャーベット。シャンパンそのまんまの味がします。
下戸にはちょっときついかな。

mini_P1000960.jpg

【ワイン】
赤と白、両方出てきましたが、やっぱり私は形だけ口をつけて飲まず。ちょっとくらい飲めたほうがいいなぁとは思うのですが、体がアルコールを受け付けなくて・・・

mini_P1000959.jpg

【仔羊鞍下肉のロースト ディジョンマスタード パセリ ガーリック風味のアンクルート】
クセがさほどなく、見た目より脂っこくもないので、食べやすかったです。

mini_P1000962.jpg

【パリブレスト パリとブレス間の自転車レース選手に捧げたスウィーツとフルーツサラダ】
サーブ前にホールでご披露。車輪をあらわしたケーキだそうです。

mini_P1000965.jpg

切りわけた後。車輪のケーキはナッツのクリーム?で濃厚な感じ。フルーツはどれも完熟で美味しかったです。

mini_P1000968.jpg

【86”クープドモンド絶賛のボンヌロールとシャンピニオン】
どちらも外皮パリッと、内側モチッとで美味しかったです。

mini_P1000955.jpg

mini_P1000961.jpg

【小菓子とカフェ】
プチフールですね。コーヒーと一緒にあと三皿くらい食べれそうです。 

mini_P1000971.jpg


食事の終了後、パケ氏、村田氏が各テーブルをご挨拶して回っていました。
退出するときもシェフとスタッフがお見送りしてくれました。

お料理、美味しかったです。
ただ、ちょっと年配の人にとっては味がしっかり目で量も多いので、きついかも。
この辺が外国人シェフと日本人シェフの違いかな。


ただレストランで食事をするのとはちがい、イベントに参加しているような感じで楽しかったなぁ。
なかなかできない体験ができてよかったです。
友人に感謝、感謝、ごちそうさまでした!!
スポンサーサイト

痛いです・・・

しょっぱなからお目汚しですみません・・・

mini_P1000943.jpg

見事なシシャモ脚・・・膨らみは、ふくらはぎの筋肉じゃありません。

すねの横を強打したら、あっという間に巨大なたんこぶ状に腫れました・・・(哀愁)

家の中のちょっとした段差で、このざまです。

あまりの痛さにちょっと泣きました・・・

たぶん明日は立派な青じみになることでしょう・・・(涙)


友人Kから電話があったのでこの出来事を話すと

「あんた自分が思ってるほど、足上がってないで~」と、トドメを刺すように言われました・・・


老化って、知らぬ間に忍び寄ってくるものなのですね・・・



ワイルドなガーデン

我が家には、種を蒔いたり植えたりした覚えのない花がひょっこり咲いたりします。
したがって名前もわかりません。

今咲いてるこの花もそう。

mini_P1000932.jpg

なんか不思議な花。鮮やかな水色のせいでしょうか?
この鉢にもともと何の花が植わっていたのか不明ですが、我が物顔で咲いています。


ゼラニウムの花の蜜を吸いにチョウチョがやってきました。
虫は苦手なので望遠でへっぴり腰で写真に撮りました。

mini_P1000944.jpg


結婚式のブーケからやってきた薔薇も満開です。

mini_P1000934.jpg

一枝にたくさん花をつけすぎて重たげです。


夕方、近くにケーキ屋さんができたのでオットと娘2と散歩がてら行ってみました。

・・・まぁ普通のケーキ屋さんですね。
せっかく行ったのでオットが買ってくれました。

mini_P1000936.jpg

美味しかったけど、両脇のスポンジはなくてもいいかな(笑)

これからカフェを併設するそうなので、そっちを期待します。

ミニチュアフード教室・五月/二回目

今日はミニチュアフード教室の日でした。


土台のクリーム塗りですが、失敗に次ぐ失敗に心が折れて放置してあります・・・


教室ではアイシング(装飾)の作り方を教わりました。

気を取り直して、先生に教わったとおりパテでアイシングの原型を作ってみました。

思っている以上に小さいパーツになりそうで、粘土での複製に時間と手間がかかりそうです。


作ったパーツの配置(模様)もどんなふうにするのか、ラフでもいいからデザイン画を描いたほうがいいかもしれないなぁと思いました。

金環日食

今日は金環日食で一日盛り上がっていましたね。


私もオットのお弁当をさっさと作って、七時前くらいから二階のテラスと一階のリビングのテレビ前とを何度も行ったり来たりしました。

お天気が心配でしたが、京都は見事に晴れ渡り、空には所々にうろこ雲があるだけ。

観測日和です。


テラスは観測するのに絶好のポイント。

バッチリ裸眼で見たぜぇ(ダメ、絶対) ワイルドだぜぇ@スギちゃん


七時前の時点でもう欠け始めていて、七時半ちょっと前にきれいな金環になりました。

携帯かデジカメで写真を・・・と思ったのですが、何の装備もないので無理でした(笑)


日食はずっと凝視していたわけではなく、チラ見をちょこちょこ繰り返していたのですが、念のために飲んでおきました ↓

mini_P1000922.jpg

全然ワイルドじゃないぜぇ(笑)

 

オットも職場から携帯で撮影していましたが、それも微妙・・・

「ほら、ここの光が強いところが金環になってるやろ?!」

(・・・ただのハレーションやろ)


娘1はちょうど学校へ向かう移動中で見られなかったとか・・・

「暗くならへんかったし、日食わからへんかったわ~
ほんまにテレビみたいに黒いところと金色の輪っかに見えるん?」

あなたアホですか?!

皆既日食じゃないから、太陽は完全にかくれないし真っ暗にはなりません!
テレビでやってる、真っ暗に金環がはっきり見えるのは黒いフィルターを通して撮影してるからじゃん!!


金環日食の感動もみんな娘1の発言で吹っ飛びました・・・

人形教室

約一ヶ月ぶりの人形教室です。

迷走中につき、放置プレイ続行中の人形の制作ですが、久々の教室ですこしやる気が出てきました。


半目の子の顔もまだ若干の微調整は必要ですが、ほぼ決まった感じ。
あと少し目元など細かいところを作りこんで、磨きます。

mini_P1000924.jpg

ボディはまだまだ時間がかかりそう・・・


ブサイクちゃんもあと少し。
来月の教室は6月末に予約を入れてきたのでそれまでには、原型として完成させたいです。

mini_P1000923.jpg

ブサイクちゃんみたいにデフォルメされた顔は作りやすいです。
作っていて楽しいし・・・
ブサイクちゃんタイプの顔は、私のライフワークとしてこれからも作り続けていきたいです。

ただ、それに安易に流されないようにもしたい。

だから半目の子みたいな普通の顔の子も同時進行で作っていきたいです。
こういう普通の顔の方が、人形を作る技術は身につくと思うので・・・


私って意欲だけはあると思うんだけど、実力と実行力が伴わないのよね・・・(哀愁)

ロマンティーク展

私の通う人形教室の先生と生徒さんの企画展、「ロマンティーク」を見に行ってきました。


企画展
ロマンティーク



会場はオフィス街の中のビル、ミュージックキューブ1階・中1階です。

平日の午前中ということで他に見ている人がおらず、会場の構成・装飾をされた方が案内をして下さいました。


本当に小さな会場でしたが、それだけにすこし暗めの照明に浮かび上がるお人形たちが、ロマンティークというよりゴシック風味で怪しくて良い感じ。

お人形たちは教室展などで今までに見たことがあるものたちでしたが、教室展の明るい電灯の中で見るのと、さまざまな大道具・小道具で装飾され配置された中で見るのとでは、全然違いました。

演出---いかに見せるか、と言うのはとても大事なことだなぁとおもいました。


1階ではお人形だけでなく、作家物のキャンドル・アクセサリー・クッキーなども展示販売されていました。

目の保養にもなりました。


せっかく大阪まで出てきたので、あちこちゆっくり見てまわりたかったのですが、娘達がテスト前で早く帰宅する予定なので、私も早々に帰宅しました。

土台作り(3)

土台を新たに作り直しました。


前回、天板部分にヒビができたのは、モデリングペーストの重さでたわんだ為では?と考え、天板部分を分厚くしてみました。

各土台の大きさのバランスも少し変えてみました。

mini_P1000903.jpg

右側に積んであるのが、紙で作り直した土台。
周りのものは今まで塗りに失敗した残骸・・・(涙目)
磨きの段階で、磨きすぎて天板の接着が取れてしまったものも・・・はぁぁぁ~

今度こそ、ちゃんとクリーム塗らなくちゃ。


日を改め、落ち着いて慎重にがんばります!!

友家ランチ3

朝、二度寝に入ろうとしたところ友人Yより電話があり、急遽お邪魔することに。

例によって友人Kを途中で拾い、愛車「ギョロロンめだま号」で北山のY宅に向かいました。


Y宅にて、ちょっとした作戦会議。

アクセサリーと念珠のデザインを考えて試作。
Yが材料を提供、Kと私がデザインを出し合って、私が試作品を作りました。

後日、Yが試作品を見本にして、あちこちでリサーチをかけてくれます。


作った念珠の試作品・・・コンセプトは「若い子が持てる念珠」
試作品なのでありあわせの材料で簡単に作ってあります。

mini_P1000905.jpg

白バロック貝パール×ターコイズ×スワロフスキーとマルチカラーバロック貝パール×メノウ×水晶の二種類。
どちらも正絹の組みひもを私が手で編んでいます。

本当はパール部分にも正絹を通して組むのですが、試作品ということで輪の部分はテグスでつなげています。
商品にはできないので、持ち帰ってきました。

なかなか売ってないデザインでは?
・・・ただ、どれだけ需要があるか不明ですが・・・


お昼になって、恒例Y手作りのお昼ご飯をいただきました。

きつねうどんとしょうがの炊き込みご飯、初物の加茂ナスの煮浸し。

mini_P1000900.jpg

Yは毎日大量のかつお節・どんこ椎茸で出し汁を取っています。

今日の料理のすべてにこの出し汁が使われていて、まさに料亭の味がします。
本当にお店をすれば絶対繁盛すると思います。
でも、材料費が高くついて、利益がなくなっちゃうかも・・・

Yは器蒐集が趣味なので、器もすばらしいものばかり。
おうどんが入っているのは、木製なので大きくても軽かったです。


食事の後もアクセの試作をしながら、夕方までおしゃべりしました。

そういうわけで、今日は二度寝なし。
早寝します。

母の日&昼ごはんをもとめて三千里

今日は娘達は二人とも朝から夕方まで学校でクラブ。


母の日のプレゼントを渡しに、朝からオットと二人で私の実家に行きました。
(義母へは先に蘭の鉢植えを、贈りました)

プレゼントを渡し、おもたせのシューケーキを父母と一緒に食べて、昼前に実家を出ました。


娘達がいないと、すぐ私と二人で出かけたがるオット・・・郊外へランチを食べに行く計画をしていたもようです。
天気もよくドライブ気分、美味しいものが食べれる期待で私の機嫌も上々です。

---がっ、 しかし・・・

お目当ての店の前に着くと--- 「リニューアルのため休業」

・・・・・・まぁ、そういうこともあるよね・・・

若い時なら「リサーチ不足やしっ!!」とオットに蹴りの一発でも入れるところですが、私も年をとって丸くなりましたからね・・・

「じゃ、次の店行ってみよ・・・」

以前何度か行ったことのあるお店へむかいました。

---がっ、 しかし・・・

以前あった場所にお店がありません。
通りすがりの人に聞くと、 「放火されて取り壊されたよ」

・・・・・・・そんなことも・・・あるか・・・   ないわっ!

「ありえへん」 と二人で文句を言いながら、次の店へ・・・

「本日臨時休業」

次の店へ・・・

「すみませんが、ただいま満席です」

この時点で私の実家を出てからすでに一時間半経過・・・

「あたしに昼ごはん食べさせない気ですか?!」

キレかける私を必死でなだめつつ、必死で次の店を探すオット・・・なんとか五件目の店で、やっと中に入ることができました。

WILL  (お店の方に撮影の許可を得てます)

mini_P1000894.jpg

住宅街の中の一軒家、こじんまりしたお店です。
私たちが入ったときはちょうど食事を終えられたお客さんと入れ違いましたが、六割くらいの席が埋まっていました。

オーダーを終え、やっと、これでお昼ご飯が食べれる・・・

---がっ、しかし・・・

それから待てども待てども、料理が出てこず・・・同じときにオーダーを取られていた近くの席は、前菜、スープまで終わっているのに・・・

辛抱強く待つこと約30分・・・やっと、前菜がやってきました。 魚介と生ハム、野菜の盛り合わせ。

mini_P1000887.jpg

ここで私が店員さんに「ブログに載せるお料理の写真を撮らせていただいてもよろしいでしょうか?」と聞くと、若干引きつった顔で「はい、大丈夫です」とのお答えが・・・その後、なぜか驚くほどスムーズに次々とお料理が運ばれてきました(笑)

えんどう豆のスープ

mini_P1000888.jpg

地元の野菜を使ったサラダ

mini_P1000889.jpg

黒毛和牛を使ったパスタ

mini_P1000890.jpg

デザートはチョコケーキとブラマンジェ

mini_P1000891.jpg

最初すっごく待たされてちょっと嫌な気分になり、もう二度と来るもんかと思っていましたが、悔しいことにお料理はどれもみんな美味しかったのでまた来たいです。
特にパスタは、ホロホロのお肉とソースが絶品でした。


お腹がふくれて私の機嫌がよくなったところで、誕プレのカバンを探しに行きました。
・・・気に入ったものがなく、また後日探すことにします。


娘2が、誕プレ兼母の日のプレゼントとして、ブックカバーとおそろいの栞をくれました。

mini_P1000907.jpg

娘1は「お金ないし、マッサージするわ」と、足と肩のマッサージをしてくれました。


なにかと思い出に残る一日でした。

ミニチュアフード教室・五月/一回目&誕生日

先生が教室に入って来られるなり、

「先生~、クリームが上手く塗れません~~」

と泣きつく。


クリームをきれいに塗るコツは

「手早く」「クリームを柔らかい状態に保って」塗ること、だそうです。


先生の見本を改めて見せていただきました。

もちろん私とは比べ物にならないくらい滑らかに平らな表面ですが、ツルツル、というわけではありませんでした。

でも考えたら本物のシュガーケーキもツルツルではないですもんね。

多少の凸凹は、アイシングの飾り付けで隠れそうですし。

「あまり神経質にならなくても大丈夫」

とアドバイスをいただきました。


クリームを柔らかい状態に保つには、硬化が始まる前に様子を見ながら少し水分を加えること。

一度固まってしまったものを柔らかく戻すことはできないそうなので、作業しながら、少し硬くなってきたかな、と思ったときに水を混ぜないといけないそうです。

少量であれば水を加えても色が変わることもないそうです。


こうしてすべての土台が塗り終わるまでクリームを柔らかく保ち、塗り終わったころには最初のほうに塗った土台が乾き始めているので、もう一度凸凹があれば部分的に二度塗りするときれいに仕上がるそうです。

なるほど・・・これを踏まえてもう一度クリーム塗りにチャレンジしてみます。


今日は、パテを原型にしたアイシングの飾りの作り方を教わりました。

原型作り、楽しそう・・・どんな形の飾りにするか考えています。

でもこれを粘土で複製することと、それを土台に貼り付けることは、たいへんな作業になる予感・・・



今日は私の#%;]回目の誕生日です(あれ?文字化けが・・・)

夜、家族そろって近くにある「ムッシュふらいぱん」という洋食屋さんに食べに行きました。

このお店はもともと木屋町にあってチーズフォンデュが有名でしたが、何年か前に山科に移転してきました。

私は移転してきてからランチでは何度も来ていますが、平日でもいつもほぼ満席。

夜は初めて来ました。


お店はこじんまりしています。(お店の方に撮影の許可を得てます)

mini_P1000884.jpg

店に入ったのは八時過ぎで満席でしたが、運よくすぐに空いた奥の座敷席に案内されました。

この店の名物のチーズフォンデュのコース(サラダ・チーズフォンデュ・メイン・デザート付き)を二人前、単品でミックスピザ・オムライス・ベーコンとホウレンソウのパスタ・ガーリックトースト・デザート二つをたのみました。

サラダは大皿で来たので、四つに取り分けました。

mini_P1000872.jpg

名物のチーズフォンデュ。二人前でこのボリューム。

mini_P1000873.jpg

チーズはサラサラとしていますが、味はしっかり濃厚・・・

mini_P1000875.jpg

ガーリックトーストにチーズをつけても美味しかったです。

mini_P1000876.jpg

オムライスもこのお店の名物で、デミグラスソースがかかっていて美味しいです。

mini_P1000878.jpg

ピザは生地が揚げた春巻きの皮のようなパリパリとした食感。
ソースにハーブ(タイムみたいな?)が効かせてあり、ちょっと癖があったので子供はちょっと苦手みたいでした。

mini_P1000880.jpg

コースのメインはお肉とお魚が選べて、お肉はステーキでした。お肉が柔らかくてジューシー。

mini_P1000879.jpg

パスタは少し細めの麺でアルデンテ。

mini_P1000881.jpg

子供たちが頼んだのはチョコムースケーキ、コースについていたのはパンナコッタとガナッシュケーキ。

mini_P1000882.jpg

どのお料理も美味しかったです。

今回お料理の写真が、お料理を取り分けた後だったり、食べかけのものだったりするのは、私がお腹がすごくすいていて写真を撮るのをつい忘れてフライングしてしまっているからです。

これだけ食べて一万円出しておつりがくるので、すごくお得だと思います。



私がミニチュア教室に行っている間に、オットがケーキを買ってきてくれていました。

mini_P1000895.jpg

この間から私がカバンを欲しがっているのを知っていて、カバンも探してくれたようですが、私が気に入らないかもしれないので断念したそう。
一緒に買いに行くことにしました。

mini_P1000899.jpg

オットがろうそくをもらってきていたので、やけくそのようにあるだけ乗っけました。


年々あちこちガタが出はじめていますが、老体にムチ打ちがんばっていきます。

ワイルドガーデン

野放図に植物がはびこっている我が家の庭。

野草・雑草だけでなく、植えた覚えのない花なども勝手気ままに咲いていたりもします(鳥のフンによって運ばれてきたもよう)

なんかちゃんとお店で買ってきた花より、こういった花のほうが生き残ったりするのよねぇ。


でもお店で苗を買ってきて植えたもので、なおかつ生き残っているものもあります。

mini_P1000886.jpg

ブドウの木です。

もう小さな実の房がついています。

このブドウの木を植えてもう六年ほど経つのですが、水も肥料もろくに与えていないのにもかかわらず、毎年たくさんの実をつけます。

実の皮は白くて一見マスカットのようですが、粒の大きさはマスカットとデラウェアの中間くらい。

甘くて美味しいと思うのですが、種が多いので我が家では邪魔くさがって誰も食べません・・・

欲しがる人にみんなあげています(笑)


mini_P1000885.jpg

この薔薇は私が結婚式の花束贈呈で義母に贈ったものを義母が挿し木をして根付かせ、今度は我が家に贈ってくれたもの。

真冬以外の長い時期、次から次へと花をつけて咲かせます。

一枝にいくつもつぼみをつけるので本当は剪定をしたほうがいいのかもしれませんが、せっかくついたつぼみを切るのもかわいそうだし、そのままにしてあります ← たんに邪魔くさいというのもある


みんなたくましく育ってね・・・と心の中で祈っておきます(何が何でも手入れをする気がない)



昼頃、マキノから義父母が来宅。

いつものようにお米や野菜などを持ってきてくれました。

もうすぐ私の誕生日が近いので、「何か好きなもんでも買い」とプレゼント代わりにお小遣いももらっちゃいました~。

もうけっして誕生日がめでたいという年でもないのですが、ありがたくいただいておきます。

土台作り(2)

モデリングペーストのシュガークリーム塗布を見事に失敗し、リベンジを試みたのですが・・・


ふたたび、失敗に終わりました・・・orz

mini_P1000868.jpg
               ※(注) 失敗したパンではありません。


今回もやっぱり凸凹ができ、なおかつ中心部には割れなどもできてしまったりしたのです・・・

割れのほうは土台を重ねれば隠れるのですが、凸凹のほうは何とか少しでも平らにしようとヤスリがけをしました。


やっぱり硬い!

そしてすぐヤスリが目詰まりをおこす!

ルーターを買ったので、それで削ってみましたがやっぱり思うように平らにはなりません(涙目)

やっぱりやすりがけで平らにするのではなく、初めからなるべく平らになるように塗ることを前提にしたほうがよいようです。
↑ やっと気付いた


「ジブン、不器用ですから・・・フッ」 ← 高倉健か?!

とか言ってる場合やないわっ!


・・・次回の教室で上手な塗り方を先生にお聞きしてから、もう一度挑戦しなおします。



し・あ・わ・せ

はぁぁぁ~・・・

幸せだ~・・・



今日からオットは仕事、娘たちは学校へ。

私は思う存分、『おひとりさま』を満喫しました~・・・


朝の二度寝、好きなときに食事をとり、寝たきりで読書三昧、溜め込んだ洗濯物と埃はスルーさせていただきました。


これでゴールデンウィーク中のストレスもリセットできました。

明日からまた主婦業がんばります~。

ゴールデンウィーク最終日

あー、うぜぇっ!


毎日ご飯作りに追われてる気がする。

自分ひとりの時間が少ない。

オットがかまってくる。

視線を感じる・・・

私  「ちょっ、見んといて!」

オット「見るくらいいいやんか」

私  「アカン! 見んといてっ!!」

オット「なんでやねん、ええやんか」

私  「顔、近い・・・これ以上近寄ったら目潰し食らわす」

すっかりやさぐれてる私です。


我が家では4/28からオットがゴールデンウィークの休みに入り・・・
私は三日目あたりから『早よゴールデンウィーク終われぇええっ!』と心の中で唱え始めたわけですが・・・やっと今日で最終日です。

娘1はほとんど家にいなかったし、娘2も静かに自分ひとりでいろいろ遊んだり勉強したりして過ごしていたので、私の主なストレス源は間違いなくオットですね・・・

こんなんでオットが定年退職とかで家にずっといるようになったら、私は耐えられるのでしょうか・・・
今から心配です・・・


まぁなるべく昼夜逆転生活で生活サイクルをずらせるようがんばります。

公開処刑、我が家のご飯

暑くなるとオットから必ずリクエストされるメニューがあります。


簡単なのと口当たりが良くスタミナ満点なので、我が家では夏にはヘビロテの一品です。

例によってオシャレ度一切なし、むしろ公開処刑的な我が家の晩ごはんを紹介します。


【牛冷しゃぶの乗っけ盛り】

* 材料  4人分ですが、量ったことがないので適当です

・牛肉 切り落とし 400~500gくらい    (タレ) ・牛肉の煮汁(料理酒入り)
・豆腐 1丁                    ・いりゴマ 少々 
・玉ねぎ 半玉                   ・すりおろしニンニク 少々
・山芋 100gくらい?                 ・しょうゆ 適量
                          ・砂糖(orはちみつorみりん) 少々
・かつお節 少々                  

* 作り方

1. 料理酒を少々入れた少な目の湯で牛肉を湯がく → 牛肉は水気を切って冷やす → 煮汁は残しておく

2. 玉ねぎは薄くスライスして水にさらし冷やす

3. 山芋は食感があるよう大き目の固まりも残して乱切りにし、冷やす

4. 残しておいた牛肉の煮汁に、しょうゆ・砂糖・すりおろしニンニク・いりゴマを入れて良く混ぜ、タレを作り冷やす 
味見するとなんとなくさっぱり味の焼肉のタレ風味?!
  (甘みをつけるのは砂糖の替わりにはちみつやみりんを使っても良い)

5. 食べる直前、器に良く冷やしておいた豆腐・玉ねぎ・牛肉・山芋を順に盛り、かつお節をかける

mini_P1000863.jpg

mini_P1000864.jpg

mini_P1000865.jpg

6. タレをかけていただきます

mini_P1000861.jpg

コツはとりあえずよく冷やしておくこと(笑)

タレは煮汁をベースに少し濃い目に。
かけて食べると薄まるので。

下の豆腐からほじくり返すようにざっくり混ぜつつ食べます。


かなり怪しい分量でアバウトなレシピですが、もしよかったら暑い日に作ってみてください。
この一品でけっこう食べ応えがあります。

買い物と温泉

我が家には年中行事がいくつかあります。

春の潮干狩りもその一つ。

ただ去年から娘1のクラブのオフがなかなかないので、行くのも大変になりました。


今日は娘たちの学校の創立記念日で学校は休み。
唯一のクラブオフ日で今後当分休みがなさそうなので、汐があまり良くないにもかかわらず潮干狩りに行くことにしました。

ただ、天気予報では、雨------


三重県の松阪まで干潮の九時に間に合うよう、朝の四時前にオットに起こされました。

この時点で霧のような雨がポツリポツリ・・・


「雨やん、中止やん、もう一回寝る~・・・」

でもどうしても潮干狩りをしたいオットは

「向こう(三重県)は降ってへんかもしれへんやん、行くだけ行こーっ」

「ええぇぇえ~・・・」

子供たちを叩き起こして、四時過ぎに家を出ました。


外は真っ暗。

私は車に乗ったとたん、気を失うように爆眠。

一時間ちょっと経って目が覚ますころには、夜が明けていたのですが雨がジャジャ降りに・・・

「もうアカンって、引き返そう」

あきらめの悪いオットもようやく納得し、潮干狩りは中止に。


せっかく出てきたので、少し引き返して滋賀の竜王、三井アウトレットパークとその近くにある温泉施設・菖蒲野の湯に行くことにしました。


でもなにせ時間が早すぎる・・・朝マックで腹ごしらえをしつつ、アウトレットパークの開店待ち。

この間にひさびさに家族四人揃って、のんびりいろいろ雑談することができて楽しかったです。


アウトレットパークの開店と同時に入店しましたが、ゴールデンウィーク中でも今日は平日。
人出は少なめで、雨は降っていましたがゆっくり見てまわることが出来ました。

私はバッグが欲しくて見てまわりましたが、気に入ったものは見つからず。

確かに安いんだけども・・・妥協したくないんだもん。

結局、娘達が友達にあげるお土産と食べ物を、私は47%オフになっていた愛用のシャンプーとリンス(Play back)
を二本ずつ買いました。



昼ご飯を食べてから、菖蒲野の湯へ・・・。

今日は入湯料が大人500円とお得な日になっていました。

そんなに大きな施設ではないのですが、ちゃんと天然の温泉で露天風呂もあります。

露天風呂の寝湯で寝転びながら、娘達といろいろな話をしました。

まだまだ子供だけど、これから少しずつ女同士の話が出来るようになるかと思うと楽しみです。

二時間ほどお風呂で過ごし、オットと合流してからアイスクリームを食べて帰路につきました。



今日は潮干狩りが出来なくて残念だったけれど、ひさびさに家族水入らずの時間を過ごせて良い一日でした。

さようなら、また会う日まで。

スワちゃんが旅立ったもようです。


あれからも外泊したり、また戻ってきたりしていたのですが、とうとう帰ってこなくなりました。

ネットで調べるとツバメが暖かい国に旅立つのは秋ごろ、となっていますが、ウチのスワちゃんは毎年このくらいの時期になると我が家からは姿を消します。


暖かい国に渡る前に、どこか別の場所で過ごしているのかなぁ・・・

彼女のところにいるのならいいのですが・・・


また来年、無事に我が家に戻ってきてね。
ずっとずっと待ってるよ。
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
04 06
プロフィール

MIOKA

Author:MIOKA
いらっしゃいませ。

人形とテディベアとミニチュアが好きで、とうとう自分でも作り始めた初心者です。
ゆるーくだらだらな日常と、覚え書き的制作日記です。

『MIOKA』または『ANGELica』名で作品を発表しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。