スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上賀茂神社の手作り市


久しぶりに娘1のクラブがオフ。

毎月第四日曜に上賀茂神社で行われている「手作り市」に家族揃ってお出かけしました。


まずは本殿にお参り。

mini_P1010049.jpg

mini_P1010060.jpg

mini_P1010055.jpg


こういうものを見ると日本の職人さんってすごいなぁ、と思います。

mini_P1010056.jpg

緑と朱塗りの橋がきれいです。
 
mini_P1010059.jpg


茅の輪くぐり。
「夏越しの大祓え」とも言い、茅の輪をくぐって、半年間の厄払いと次の半年の無病息災を願います。
私たちももちろんくぐりました。

mini_P1010063.jpg


境内は広くて、川が流れていて暑い今日は小さなお子さんたちの良い遊び場に。

mini_P1010064.jpg


手作り市ですが、思っていた以上に出店数が多く盛況です。

主催サイトを見ると250ブースくらいあるみたいです。

出品物も多種多様で、ゆっくり見て回るとかなり時間がかかります。

出店に関しては3000円払って申し込めば誰でも申し込めるようです。(多い時は抽選)

でもどこのブースもかなりハイレベルで、プロもしくはセミプロといった感じ。

オカンアート的なものはあまりありませんでした。

娘たちはオットに革で作ったアクセサリーを買わせていました。


暑かったのと子供&オット連れでだったのであまりゆっくり見れなかったのが残念。

今度は一人でゆっくり見て回りたいです。


こんなものも売っていました↓

mini_P1010066.jpg

炊いたご飯に混ぜるだけ。 夜ご飯用に買いました。
カレー味なんだけど、どこか和風。
美味しかったです。




スポンサーサイト

なめ 分身の術


玄関横の植え込みに生息していると思われる「なめ」ですが、分身の術をマスターしたもようです。






mini_P1010042.jpg

娘1の誕生日

 
今日は娘1の誕生日です。

十ン年前、生まれてきてから今日まで本当にあっという間だった気がします。


妊娠42週目を過ぎても全く生まれてくる気配のなかった娘1。

入院して出産にむけて処置をうけることに。

通常なら強い痛みで気を失うくらいの量の陣痛促進剤を打たれてもケロっとしている私。

開かない子宮口に無理やりバルーンを入れて8cm開かせたのに、バルーンが抜け落ちた途端また子宮口が閉じて…

結局帝王切開での出産になりましたorz

でも、帝王切開にしてよかった。

通常なら40cmはあるヘソの緒が、娘1は20cmしかなかったらしいのです。

普通分娩していたら途中でヘソの緒足りなくて、途中で引っかかったよね。


全身麻酔だったので生まれた瞬間はわからないし、生んだ後も私は朦朧として眠っていたので、対面したのはオットや義両親・両親たちが帰ったあとの、夜遅くでした。

あとでビデオで見たらオットは手術室からストレッチャーで出てきた私に駆け寄って「ありがとう!おつかれさま!ありがとう!」を半泣きで繰り返していました。

私は思いっきり眉間にシワを寄せて「もぉ…、痛いっつーの…」と唸っていました。覚えてないけど。


娘1と初めて対面した時には不思議な感じがしました。

さっきまでこの子がお腹に入ってたんだなぁ。

なんか私の赤ちゃんの時の顔にそっくりだし。

生んで身二つになったわけですが、どこか繋がっているような、自分の半身というか、自分とは違う別の人間とは思えないような、変な感じでした。

育てていくうちにそんな感覚はなくなって、というか今では逆に自分とは違う次元にいる異星人のように感じるわけですが…


あっという間ですが、でもいろんなことがあった濃い時間でした。

大きな病気も怪我もなく無事育ってくれたことで、大抵のことは許せます。

これからもまだまだいろんなことがあると思いますが、初めて手に抱いたときの感激と感謝の気持ちを忘れずにいたいと思います。


mini_P1010040.jpg

娘1、お誕生日おめでとう!




土台作り(4)

土台作り、手付かずのままだったクリーム塗りをしてみました。

パレットナイフでできるだけ平坦になるよう塗りつけ、どうしても残る凸凹は水を多めに含ませたクリームを筆で塗りました。

mini_P1010024.jpg


しっかり乾いてから、残ってしまった筆跡をサンドペーパー中→細で磨き、最後に濡らしたティッシュでさっと軽く拭き上げ。 
使用前(右) 使用後(左)

mini_P1010027.jpg

ちょっと艶が出すぎ?
乾いたティッシュでつや消しに拭きました。

mini_P1010026.jpg


若干小キズはありますが、これは飾りつけをすれば目立たなくなるかな。

mini_P1010028.jpg

mini_P1010030.jpg

一番下と下から2段目は飾りつけの関係で段差の幅が大きめになっています。


以前から少しづつ作りすすめているアイシングのパーツもだいぶ貯まりました。

mini_P1010032.jpg

mini_P1010033.jpg


どんな感じのデザインにしようか、考えるのは楽しいです。

難関のクリーム塗りがやっと終わったので一気に先に進めそうです。

mini_P1010035.jpg





---と思いきや、今月はちょっとほかの用事が入ってしまってなかなか作業時間が取れなさそう…

7月半ば過ぎまで、ブログもまったり進行になります。

ランチ

 
今日は娘1.2ともクラブで学校へ。


オットに無理やり付きあわされお出かけ。

京都のヨドバシへ。

ヨドバシって電化製品だけを売ってるんじゃないんですね。

ブラブラ見て回っていて手頃な普段持ちできるバッグが見つかったので、オットがお誕生日プレゼントに買ってくれました。

オットはずっとプレゼントがまだ渡せていないことがずっと気になっていたらしいです。



お昼になったので、上の階のレストラン街、京風パスタ「先斗入ル」でランチ。

サッパリしたものが食べたかったので、私は「湯葉の冷製トマトソース」をたのみました。

京風切り昆布付きとサラダバーが付いています。

mini_CA3A0745.jpg

冷たくサッパリしてて、あっという間に完食。

トマトソースの酸味に湯葉がミスマッチしてて美味しかったです。
 


地下の食料品売り場で買い物をしました。

ウチの近所には売っていないような輸入食品などがあったので、買い込んで帰りました。

ミニチュアフード教室・六月/一回目


今日はミニチュア教室でした。


ケーキにクリームを絞るための絞り器の作り方を教わりました。

…意外とむつかしいです。
一応完成させた絞り器に、粘土で作ったクリームを入れて絞ってみましたが---いまいちorz

絞り器の出来が悪いのか、粘土のクリームの固さが悪いのか、絞りのテクニックがないせいかグダグダです…


家に帰って絞り器作りに再チャレンジしてみます。

アイシング原型作り


 ずっと放置プレイ中の人形&ミニチュア作り・・・

明日、ミニチュアの教室なのですが、手付かずのまま・・・やばい。


始業式前に慌てて夏休みの宿題をする子供のように、前日の今日になってちょっとパテで原型を作ってみました。

mini_P1010009.jpg

パーツ同士を組み合わせて模様にするつもりで、いくつか作ってみました。

作ったものの明らかに使う予定のないものも含まれてます。←なぜ作った?

ちょっと大きいかな・・・
粘土で複製してみないとわかりませんが・・・


複製したパーツ、失くす予感ありありです。

潮干狩り-調理編


持ち帰ったアサリはなるべく広げて海水を入れ、密封しないよう空気の抜け道を作って、蓋をします。
暗いほうがよく砂を吐きます。 今回26cmのフライパン3つにぎっしり入っています。
交換用に持ち帰った海水使って、海水を交換します。たっぷり海水を入れても貝が吸ってすごく少なくなります。

一晩置いておくと、砂を吐きます。かなり水も吐くので、浴室などにおいておかないと周りがビチョビチョになります。

mini_P1000985.jpg

にょろーん・・・気持ち悪いです・・・

mini_P1000987.jpg



調理の1~2時間前にアサリをザルにあけて、今度は水を吐かせます。
その後一つずつ、手の中で貝をひねるようにして水洗いします。
これは、空でも海水や砂が詰まっていてまるで生きた貝の様にしっかり口を閉じている場合があるので、見極めるためでもあります。
けっこう空の貝も混じっていました・・・

大きさも選別、大き目のものは今日の夜ご飯のスープパスタのためにより分けておきます。

mini_P1000989.jpg

白いザル=夜ご飯用、ジップロック=このまま冷凍、次回の調理のとき凍ったまま使います 

mini_P1000990.jpg

少し小さめのものは佃煮にします。今回採れた量の半分弱ぐらいでしょうか。

mini_P1000991.jpg


【自己流・アサリの佃煮】

アサリは水洗いし、熱したフライパンにアサリを入れ、ほんの少量酒を落として蓋をして蒸す。
蒸し過ぎないように、貝が開いたらすぐフライパンから取り出していく。
貝から出た汁はフライパンに残しておく。

身と貝を分ける。今回はどんぶり鉢山盛り一杯になりました。

mini_P1010001.jpg

貝から出た汁に針しょうが・砂糖少量・しょうゆを入れて加熱し、貝の身を戻す。
煮汁が少なくなってきたら、艶出しのためハチミツを少量入れて絡める。

mini_P1010002.jpg

うまーっ
これは私の調理の腕前ではなく、たんにアサリが美味しいから。
すごく濃厚な貝の味がします。スーパーのものとは全然違います。


夜ご飯 クラムチャウダー風スープスパゲティー

みっちり剥き身を投入してあります。

mini_P1000996.jpg

せっかくなので殻つきのものも飾りに入れてあります。

mini_P1000997.jpg

ぷりぷりの身で美味しかったです。

mini_P1000999.jpg


一日アサリにかかりきりでしたが、食べるのはあっという間ですね・・・

潮干狩り

 
オット&娘2の念願の潮干狩りに行ってきました。

娘1はクラブのため欠席です。


朝7時に自宅を出発、三重県の松阪に向かいました。

三時間ほどで松阪市に到着、ショッピングセンターでサンドイッチなどの食料を買い込んで海岸へ。

曇り空ですが、暑くも寒くもなくいい感じ。娘2は張り切って出動していきました。

mini_P1000973.jpg

例年になく、海草が浜を覆いつくしています。・・・時期のせいかな?毎年五月ごろに来るのですが、こんなことは初めてです。はっきり言ってかなり邪魔です。取り除いてから、貝を探すことに・・・ 

mini_P1000975.jpg

この浜に主にいるのはアサリですが、ときどき赤貝↓もいます。ちっちゃいし、赤い汁を吐くのが気持ち悪いので持って帰りませんが・・・

mini_P1000978.jpg


この日の干潮のピークは11時ごろかな? 今年のアサリはそこそこの大きさで、けっこういます。
その年によってあまりいなかったり、いても小さかったりします。

アサリは少し砂を掘るといます。あまり深いところにはいません。一匹見つけると、その周りに何匹か固まっていることが多いです。石を退けると、大き目のアサリがいたりします。

私は一時間ぐらいすると飽きてきて、アサリ以外のものを採り始めたり・・・キレイな貝殻とか、ウニの殻とか(笑)

渡り蟹です。よい出汁がでますが、こんなに小さなもの一匹では・・・ちょっと遊んでからもちろんリリースしました。
蟹はいろんな種類のものがいるので、キャッチ&リリースして楽しみます。

mini_P1000977.jpg

12時頃から急に潮が満ちてきます。
潮が満ちてくると、砂の中に潜っていたアサリが砂の上に浮いてくるので、狙い目です。

12時半ごろ、気がつくと海岸にいるのはウチのファミリーだけ・・・
地元の人は、干潮のピークにさっと来てさっと帰られるようです。

mini_P1000979.jpg

今日の収穫・・・赤バケツ=娘2、青バケツ=オット、灰バケツ=私 三人ともけっこう採っています。
空の貝が混じっていないか、選別しています。


アサリは洗濯用ネットに入れてネットごと軽くもみ洗いします。
クーラーボックスに海水を入れて、ネットに入れたアサリを投入して持ち帰ります。
今年は3人だったけど、大きめのクーラーボックスいっぱいに採れました。

もう一つ、空のクーラーボックスを用意して、そこにはキレイな海水だけを汲んで持ち帰ります。
この海水はアサリの砂出しのための交換用に使います。

海岸でサンドイッチを食べましたが、風が出てきてちょっと肌寒い感じ。

二時前に海岸を後にして帰路へ。
途中「道の駅」に寄り道して、いろいろ食べ物を買って帰りました。


明日は貝の処理に追われる一日になりそうです・・・







-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
05 07
プロフィール

MIOKA

Author:MIOKA
いらっしゃいませ。

人形とテディベアとミニチュアが好きで、とうとう自分でも作り始めた初心者です。
ゆるーくだらだらな日常と、覚え書き的制作日記です。

『MIOKA』または『ANGELica』名で作品を発表しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。